ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民向け > 土地・建築・交通 > 建築 > みんなで協力!安全で快適なまちづくり 延岡市狭あい道路整備事業
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民向け > 土地・建築・交通 > 土地 > みんなで協力!安全で快適なまちづくり 延岡市狭あい道路整備事業
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民向け > まちづくり > 都市計画 > みんなで協力!安全で快適なまちづくり 延岡市狭あい道路整備事業

本文

みんなで協力!安全で快適なまちづくり 延岡市狭あい道路整備事業

印刷ページ表示 更新日:2022年4月1日更新

私たちの身近にある生活道路は、人や物を運ぶという本来の目的のほかに、十分な日照、風通しなどによる良好な住環境の確保および災害時の避難、消防・救急活動を円滑に行うための重要な役割を担っています。しかし、市内にはこれらの機能を十分果たしていない狭い道路が数多くあります。

そこで、延岡市では4メートル未満の狭い道路の拡幅整備を実現するための事業を行っています。

安全で快適なまちづくり 延岡市狭あい道路整備事業の画像

後退用地とは?

 原則として、道路の中心線から水平距離で2メートルの範囲内の敷地部分をいいます。

対象となる区域は?

 都市計画区域内を対象とします。
対象となる区域はの画像

手続きの手順

事前協議

少なくとも、建築確認を申請する30日前までには相談してください。
後退用地内の工作物の撤去時期、補償金の算定方法などについて協議します。

「付近見取図」及び「公図」、「登記事項の要約書」等を添付のうえ、「狭あい道路後退事前協議書」を提出してください。

測量・分筆

測量の際は、土地家屋調査士が、隣接する土地の所有者等と境界立会を行ったうえで、測量・分筆を行います。費用は市で負担します。

現場調査

市の職員が現場に行って、撤去を行う予定の工作物等の数量などを計測します。

工作物等撤去、後退杭設置

所有者等は、工作物等の撤去を行ったうえで、道路後退杭の設置が必要となります。
後退杭設置後に、市の職員が現場の確認を行います。

所有権移転登記、補償金支払い

所有権移転登記の手続きが終わり次第、所有者等が指定する口座に補償金を振り込みます。

様式等ダウンロード

狭あい道路事前協議書 [Wordファイル/21KB]

延岡市狭あい道路の整備に関する要綱 [Wordファイル/19KB]