ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

古紙・古布(資源物)

印刷ページ表示 更新日:2022年3月23日更新

古紙

古紙は品目ごとにひもで束ねて、出してください。

新聞

新聞の画像

新聞

ダンボール

ダンボールの画像

断面に空気穴が開いているダンボール

  • ロウや油が塗られたものは「燃やすごみ」で出してください。

本・雑誌・チラシ・紙箱類

本・雑誌・チラシ・紙箱類の画像

本・雑誌・チラシ・紙箱類

  • ティッシュの箱についてるビニールは、はがして「燃やすごみ」で出してください。
  • ハガキの大きさ以上のものを出してください。
  • 空き箱は切り開いて折りたたんでください。
  • CD-ROMは「燃やすごみ」です。付属している雑誌からは取り除いてください。

牛乳パック

牛乳パックの画像

牛乳パック

  • 中をきれいに洗って、切り開き乾かしてから出してください。
  • 1リットル未満の牛乳パックやジュース等の紙パックは雑誌類と一緒に出してください。

ご注意ください。

  • 雨の日は出すのを控えて、次回の収集日に出してください。雨に濡れたものや、汚れのひどいものは資源となりませんので、「燃やすごみ」で出してください。
  • 粘着テープ等では束ねないでください。
  • 清掃工場に持ち込む場合もひもで束ねてください。資源物ですので、持ち込みによる処理手数料はかかりません。 

古布

古布は20リットル~45リットルの透明袋に入れて出してください。

平成24年7月1日より古布の回収対象品目が増えました

 これまでおもに綿・木綿が50パーセント以上のものと毛布を対象としていましたが、古着としての活用が確立されたことから、衣類全般が対象となります。ただし、下記の物については「燃やすごみ」で出してください。

  • 汚れ、破れの著しいもの
  • 下着類(パンツ、靴下など)
  • 和服(着物、浴衣、はんてんなど)
  • 濡れているもの

チラシ

古布の詳しい出し方については、→ 【ごみの分別について(ルールブックなど)】で確認をしてください。なお燃やすごみ、燃やさないごみ、古布以外の資源物等の分別については、これまでどおり「延岡市ごみだしルールブック」を活用してください。

ご注意ください。

  • 20~45リットルの透明袋で出してください。

  • 衣類はおもに古着として活用されます。ボタンやファスナー、ズボンのチャックなどははずしたりせず、そのままの状態で出してください。

  • 毛布も従来どおり回収します。
  • 収集日が雨の場合、次の収集日に出すようお願いします。濡れた物は再利用ができなくなります。

  • 清掃工場に持ち込む場合も20~45リットルの透明袋に入れてください。資源物ですので、持ち込みによる処理手数料はかかりません。

「古紙・古布」に多い違反物

  • 新聞・ダンボール・雑誌類に分別されていないもの
  • ヒモで縛らず、ガムテープでとめたり、袋に入れて出されているもの
  • ダンボールや空き箱を折りたたまずに出されているもの
  • 事業所から出されたと思われるダンボール
  • 汚れ・虫食いなどのダンボール・雑誌類
  • 一度濡れた古紙を乾かして出されたもの
  • アルミなどでコーティングされたパック類(酒・ジュースなど)の混入
  • 金属(留め金具など)のついた紙製ファイルやアルバム
  • 付属品(CD・DVD)が取り除かれていない雑誌類
  • ダイレクトメールなどでビニール袋から出されていないもの
  • 汚れや犬の毛などがついた毛布
  • 燃やすごみが混入しているもの