ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 事業者向け > 入札・検査 > 入札制度・参加資格 > 技能労働者等への適切な賃金の確保について

本文

技能労働者等への適切な賃金の確保について

印刷ページ表示 更新日:2021年8月1日更新

 国土交通省は、令和3年3月から適用する公共工事設計労務単価(以下「新労務単価」という。)を決定し、新労務単価は、令和2年3月から適用されている労務単価と比べ全国平均で1.2%、平成24年度の労務単価と比べると、全国平均で53.5%の上昇となっております。

 本市においても改定後の新労務単価にて、令和3年3月より予定価格の積算を行っておりますので、国土交通省から建設業団体の長宛ての通知にもありますとおり、技能労働者への適切な水準の賃金の支払い、法定福利費の適切な支払いと社会保険等への加入については、次のとおり適切に対応していただきますようお願いします。

1技能労働者への適切な水準の賃金の支払いについて

 受注者におかれましては、雇用する技能労働者について、労務単価の引上げに見合った賃金水準の見直しを図っていただくようお願いします。

 また、適切な価格での下請け契約の締結を徹底していただくとともに、下請企業に対し、技能労働者への適切な水準の賃金の支払いを要請する等の特段の配慮をお願いします。

2法定福利費の適切な支払いと社会保険等への加入の徹底について

 新労務単価においても、技能労働者が社会保険等へ加入するために必要な法定福利費相当額(本人負担分)が勘案されているほか、事業主が負担すべき法定福利費相当額についても、現場管理費として適切に予定価格に反映されるよう措置されております。

 受注者におかれましては、見積書における法定福利費の内訳明示を推進するとともに、技能労働者に対し、法定福利費相当額を適切に含んだ賃金を支払い、法令が求める社会保険等に加入させるようお願いします。

 また、下請企業に対し、社会保険料(事業主負担分及び労働者負担分)相当額を適切に含んだ額による下請契約の締結をお願いします。

 国土交通省は、適切な価格での契約、技能労働者への適切な水準の賃金の支払い、社会保険への加入の徹底の取り組み状況などの実態を把握するとともに、技能労働者の適切な賃金水準確保を円滑化するため、「新労務単価フォローアップ相談ダイヤル」を開設しております。

 元請負業者、下請負業者、技能労働者等様々な立場の皆さんの相談が受けられますのでどうぞご活用ください。

【新労務単価フォローアップ相談ダイヤル】

電話0570-004976(受付時間:10時00分~12時00分,13時30分~17時00分)

E-mailアドレス [email protected]