ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民向け > 人権・男女平等 > 人権 > 新型コロナ対策ポータルサイト > 市民の皆様へ > 市民の皆様へ > マスクを着けられない方へのご理解をお願いします

本文

マスクを着けられない方へのご理解をお願いします

印刷ページ表示 更新日:2022年6月1日更新

マスクを着けられない方がいます

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、外出時にマスクを着用することが新しい生活様式の一つとされていますが、発達障がいや感覚過敏、皮膚の病気、呼吸器の病気など、さまざまなことが原因で、マスクを着けたくても着けられない方がいます。

 周囲からは、わがままと誤解されたり、厳しい視線を向けられたり、心無い批判を受けることもあります。また、マスクを着けられないため、外出を控える方もいます。

社会全体の理解が必要です

 マスクの着用が当たり前になった今、マスクを着けていない方を見たら、まずは「何か事情があるのかもしれない」と想像してみてください。

 障がいや症状があってマスクを着けられない方がいることを知り、その特性や事情を理解し、お互いに思いやりの心を持って過ごしましょう。

厚生労働省ホームページ

「マスク等の着用が困難な状態にある発達障害のある方等への理解について」<外部リンク>

◎マスクをつけられない方へ

障がいや病気など、やむをえない理由でマスクをつけることが困難な方は、「マスクをつけられません」と周囲にお知らせする「意思表示カード」などを利用して、周囲に理解してもらえるよう工夫する方法もあります。

利用するにあたっての注意事項をよくご確認のうえ、ご活用ください。

わけがありますくプロジェクトについて<外部リンク>

意思表示カード(わけがありますくプロジェクトより提供) [PDFファイル/1.81MB]

◎利用するにあたっての注意事項

  • 意思表示アイテムは、対象者のみ利用可能です。
  • 利用対象者は、呼吸器、皮膚、心臓等の疾患、がん治療の後遺症、小耳症、聴覚障害、自閉症、感覚過敏、知的障害など様々な障害や病気が原因で、マスクの着用が難しい方(自分では選択できない事情によりマスクの着用が困難な方)です。
  • 「わけがありますくプロジェクト」が利用規約に同意する方へ無料配布していますが、著作権フリーではありません。
  • 思想、信条、ご自身の意思によってマスクを着けないことを選択した方がこのマークを利用したり、ノーマスク運動などの活動に用いることは固く禁じています。
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)