ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナ対策ポータルサイト > 市民の皆様へ > 市民の皆様へ > 県の医療警報への移行に伴う市民の皆様へのお願いについて

本文

県の医療警報への移行に伴う市民の皆様へのお願いについて

印刷ページ表示 更新日:2022年10月5日更新

​10月4日、県は、発令していた「医療緊急警報」を、10月5日から「医療警報」へ移行すると発表しました。この警報の発令期間は、当面の間とされており、終期は、医療のひっ迫状況等を見極めて判断するとのことです。

※現在の感染状況は県ホームページ<外部リンク>をご覧ください。

 感染状況に係る県の記者発表事項(10月5日記者発表事項) [PDFファイル/93KB]

この医療警報への移行により、県は、会食時の行動要請を一部緩和することとし、これまで「ひなた認証店」を利用する場合は「感染リスクの高まるような大人数、長時間での会食は控える」とし、認証店以外を利用する場合は引き続き「1卓4人以下、2時間以内(テーブル間の席の移動は控えて)」としておりましたが、10月5日以降は、「感染リスクの高まるような大人数、長時間での会食は控える」としました。

なお、「外出・移動の際は、感染防止対策の徹底」、高齢者施設等の面会は「感染防止対策を徹底の上、人数を最小限で」としています。

本市におきましても、皆様一人ひとりの大切な命や地域医療を守るためにも、今後も気を緩めることなく感染防止対策の徹底に努めていく必要があります。

市民の皆様には、是非この状況をご理解いただき、特に以下の6点を実践していただくようお願いします。

市民の皆様へのお願い

(1)1週間程度の食料や常備薬の備蓄を!​

もしもの時に備え、1週間程度の食料や常備薬等の備蓄をお願いします。

県の支援は県ホームページ「自宅療養者への食料等の支援について<外部リンク>」をご覧ください。

(2)熱中症に気をつけながら、適切なマスクの着用を!

会話をするとき、高齢の方と会うとき、病院に行くときなどは、マスクを着用しましょう。

熱中症防止の観点から、屋外で人との距離が確保できる場面や会話をしない場面では、マスクを外すことを推奨します。

(3)早期の医療機関受診を!

のどの痛みや鼻水、下痢など、少しでも体調に異変がある場合は、外出・移動を控え、身近な医療機関を受診してください。

救急医療への負担を減らすためにも、早期の受診を!

(4)ワクチン接種の積極的な検討を!

ワクチン3回目接種により、発症予防効果や入院予防効果に加え、後遺症のリスクが低くなることも報告されています。

(5)イベント前後の行動にも注意を!

イベント参加時だけでなく、その前後の道中などで普段会わない人と車に同乗する場面や、飲食の場面においても、気を緩めることなく感染防止対策を徹底してください。

(6)帰省・旅行の際は検査の実施を!

帰省や旅行等で県外を訪問し、帰ってきたときは、早期の検査をお願いします。

PCR検査センター(延岡店) ※無料で検査できます。

場所

延岡市祇園町2-2-12(祇園町交差点横)

時間
  • 9時 ~ 17時
  • 無休(年末年始を除く)

※インターネットでの予約が必要です。

予約はこちらから「身近な人を守るために、少しでも気になったら検査を<外部リンク>

7月23日から配信している市長メッセージ

県知事による感染防止策の呼びかけについて

他にも徹底していただきたいことがあります。詳しくは県ホームページ<外部リンク>をご覧下さい。

コロナ禍における延岡市独自の支援を実施中

 市では、市民の皆様や事業所の皆様に対し、よりきめ細やかな対応が必要と考え下記の支援を行っています。

 詳細は、各ページをご覧ください。

小児(5歳~11歳)を対象とした新型コロナワクチン接種を3週間間隔で実施!

オミクロン株ワクチン接種を9月26日(月曜)から開始!

タクシー事業所や市内においてテイクアウト(持ち帰り)を始めた飲食店を支援するための宅配タクシー!

 飲食店の食事をタクシーが運び、タクシー代は約7キロメートル(1,950円)まで市が負担します。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)