ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

新型コロナワクチン接種の実施方法等について(第1報)

印刷ページ表示 更新日:2021年8月1日更新

新型コロナワクチン接種が今後始まりますが、その実施方法等について現時点での情報を以下のとおりお知らせします。

なお、これ以上のことについては、まだ国等から情報が示されておりませんので、詳細な情報が入りましたら順次お知らせいたします。

動画での説明はこちらをご覧ください。→新型コロナワクチン接種の実施方法等について(第1報)<外部リンク>

1新型コロナワクチン接種について

⑴新型コロナワクチンは、主に発症や重症化の予防が期待されています。

様々なワクチンは、感染症に対する免疫をつけたり免疫を強めるためのもので、新型コロナワクチンについても、発症や重症化の予防効果が期待されています。

⑵どんなワクチンでも副反応が起こる可能性があります。

ワクチンの承認にあっては、有効性はもちろん、どのような副反応が起こりうるかなどの安全性についても確認されますが、体内に異物を投与するため接種部位の腫れ・痛み、発熱、頭痛などの副反応が起こることがあります。

⑶新型コロナワクチンの接種には優先順位があります。

ワクチンの量が限られているときは、重症化リスクの高い方から接種することで、重症者や死亡者を減らすことが期待され、医療提供体制も守ることができます。

優先順位は以下のとおりです。

  1. 医療従事者(新型コロナウイルス感染症患者等に頻繁に接する医療従事者等)
  2. 高齢者(令和3年度に65歳以上になられる方)
  3. 基礎疾患を有する方(慢性の呼吸器の病気、慢性の心臓病、慢性の腎臓病など)
  4. 高齢者施設等の従事者(高齢者施設において利用者に直接接する方)
  5. 60~64歳の方
  6. 上記以外の方

※妊婦の優先順位や、子どもを接種対象とするかなどについて、安全性や有効性の情報等をみながら検討されます。

⑷新型コロナワクチンは無料で受けることができます。

⑸新型コロナワクチンは2回の接種が必要で、1回目の接種後3週間から4週間の間隔をあけて(ワクチン製造会社によって異なります)2回目の接種をすることになります。

2延岡市の新型コロナワクチン接種に関する基本的な方針

延岡市では、延岡市医師会の協力をいただきながら個別接種と集団接種の2つの接種体制を組み合わせた「きめ細かなワクチン接種体制」を構築することを考えております。

⑴個別接種:平日に医療機関(病院や診療所)での接種

通い慣れた医療機関で安心できる環境でワクチン接種を実施すること検討しています。

⑵集団接種:地区の実情を考慮しながら複数の接種会場の設置を検討中

離島や医療機関の少ない地区などの実情に応じた接種体制の構築とあわせ、市内に複数の接種会場を設置すること検討しています。

⑶高齢者施設等入所者

各施設の実情にあわせたワクチン接種を検討しています。

⑷在宅で寝たきり等により外出が困難な方

それぞれの方に応じた対応を検討しています。

3新型コロナワクチン接種の見通し

⑴医療従事者:3月中旬に開始予定

⑵高齢者:4月に開始予定

※上記以外の方については、決まり次第お知らせいたします。

4新型コロナワクチン接種を受けるには

⑴接種券(クーポン券)が自宅に郵送で届きます

  1. 65歳以上の方:令和3年3月下旬に発送予定
  2. 65歳未満の方:令和3年4月以降に発送予定

⑵新型コロナワクチンの接種を受けるには予約が必要です

  1. 接種券が届いたら予約ができます。
  2. 予約方法【予約には「接種券」が必要です】
    • スマートフォンやPCでのオンライン予約
    • コールセンターでの電話予約(コールセンターは3月中旬に開設予定)
  3. 個別接種、集団接種の両方とも予約が必要です。予約をしなければワクチンの接種を受けることができませんのでご注意ください。
  4. 予約方法や予約開始時期等の詳細につきましては、決まり次第お知らせいたします。

5新型コロナワクチン接種に関する問い合わせについて

⑴延岡市における相談体制

  1. コールセンターを3月中旬に設置する予定です。
  2. コールセンター開設までは健康増進課(22-7014)で対応いたします。

⑵延岡市からの情報発信

  • 市ホームページ、広報のべおか、Facebook、報道機関等を通じて最新情報を発信します。

⑶その他

ワクチンの有効性や副反応、接種に関するQ&Aなどにつきましては、厚生労働省をはじめとする国のホームページに記載がありますので、ご覧いただきますようお願いします。