トップページへ > 国際・国内交流 > 福井県坂井市の概要

福井県坂井市の概要

福井県坂井市の概要について

  • 締結年月日

    平成18年(2006年)11月22日

  • 人口
    94,537人(平成23年3月1日現在)
  • 面積
    209.9平方キロメートル
  • 位置
    福井県北部

坂井市について

坂井市は平成18年3月20日、丸岡町、三国町、春江町及び坂井町の4町が新設合併したことにより誕生しました。

福井県の北部に位置し、県都福井市と隣接、九頭竜川が南部を、東部の森林地域を源流とする竹田川が北部を流れ、西部で合流し日本海に注ぎ込んでいます。中部には福井県随一の穀倉地帯である広大な坂井平野が広がり、西部には砂丘地及び丘陵地が広がっています。また、越前加賀海岸国定公園に指定される美しい自然環境や丸岡城などの歴史文化遺産を数多く有し、観光業をはじめ、農林業、水産業、商工業とすべての産業を網羅した福井県北の中心都市です。

姉妹都市締結の経緯

姉妹都市として27年間交流を続けてきた福井県丸岡町は、平成18年3月20日に周辺の3町との新設合併により坂井市となりました。延岡市と坂井市は、今後も引き続き、相互分野の交流を通じて一層親善友好の絆を深め、両市の大いなる発展を期するために、両市間で正式に姉妹都市の盟約を結びました。

旧丸岡町との姉妹都市締結について

旧丸岡町では、「丸岡城築城400年祭」の記念行事として最も歴史的に縁の深い都市と姉妹都市提携を行うことを決定し、廃藩置県まで176年間の長期にわたり丸岡城主として藩を治めた有馬公のつながりで歴史的に密接な関係にあり、文化、生活、風俗、宗教等多くの類似性を有していた本市に対し姉妹都市提携について申し出がなされ、より一層の親善友好の絆を深め、両市町の発展を期するために、昭和54年10月27日、有馬純尚氏立会いのもと姉妹都市の盟約を結びました。

有馬家の略記

1 経澄 -2 朝澄 -3 家澄 -4 連澄 -5 貞澄 -6 澄世 -7 満澄 -8 氏澄 - 9 貴純 -10 尚鑑 -11 晴純 -12 義貞 -13 義純 -14 晴信 -15 直純 - 16 康純-17 永純(清純) -18 一準 -19 孝純 -20 允純 -21 誉純 - 22 徳純 -23 温純 -24 道純

【延岡時代:15代 直純 ~ 17代 永純、丸岡時代:17代永純 ~ 24代 道純】

これまでの坂井市(旧丸岡町)との主な姉妹都市交流事業

延岡市での交流

平成22年度 今山大師祭交流

福井県坂井市から、巫女をイメージした衣装をまとってよさこいを踊る女性中心のグループ「新一筆啓上 宝船(代表:大西絹子)」の15名の皆さんが、初めてパレードに参加しました。

今山大師祭交流
不景気を吹き飛ばすように商売繁盛を祈って踊りました。
今山大師祭交流
首藤市長、後藤市議会議長に延岡大師祭での沿道の声援にお礼を述べる大西代表(手前左)ほか坂井市の皆さん(4月19日 市長室)

  • 物産展交流(大師まつりにおいてのぼりざる物産展に出店)
  • まつりのべおか交流
  • ホームステイ交流(まつり延岡の時期に丸岡町の小・中学生が来延)

坂井市(旧丸岡町)での交流

坂井・延岡ジュニア交流隊(隔年相互交流を実施)

平成22年度は延岡市の小学5・6年生20名が8月20日(金)~22日(日)の日程で坂井市を訪れました。坂井市滞在中は、坂井市の小学生と丸岡城見学やそば打ち体験等で交流を深めました。
(延岡市、延岡市PTA連絡協議会主催)

日程 交流内容
8月20日(金) 出発式 延岡駅→(電車)→ 宮崎空港駅・・・宮崎空港→(飛行機)→伊丹空港→(バス)→坂井市
坂井市役所表敬訪問→(バス)→丸岡城見学→(バス)→坂井市の小学生と交流会
8月21日(土) 越前松島水族館(水族館)→(バス)→そば打ち体験(自分で打ったそばで昼食)→(バス)→東尋坊見学→(バス)→みくに龍翔館等の施設見学→(バス)→坂井市の小学生と解散式
8月22日(日) 坂井市→(バス)→越前竹人形の館見学→(バス)→ひらかたパーク(遊園地)
羽田空港→(飛行機)→宮崎空港・・・宮崎空港駅→(電車)→延岡駅 解散式

 

市長室訪問(8月10日) 延岡市役所


"坂井市出発に向けて頑張ろうコール"をする坂井・延岡ジュニア交流隊と首藤市長
隊長の兒玉悠馬君(左端)は、「たくさんの友達をつくり、延岡のことをたくさん教えてきます。」とあいさつしました。首藤市長は、「延岡にはお金で買えない歴史があり、皆さんが坂井市に行く機会に恵まれたのも歴史のおかげ。自分たちのまちの歴史に興味を抱いてほしい。延岡代表としてたくさん感じ、色々なことを学んで元気に帰って来てください。」と激励しました。

 

坂井市での対面式(8月20日) 1日目 坂井市役所

坂井市役所を表敬訪問し、記念撮影を行いました。
プレゼント交換をする坂井・延岡ジュニア交流隊
隊長の兒玉悠馬君は、「姉や兄が、以前坂井市に行ったことがあり、坂井市への訪問が決まった時はうれしかった。坂井市の事をよく勉強して帰りたい」とあいさつしました。

 

丸岡城(8月20日)

地元の観光ボランティアの方から丸岡城の歴史や構造について説明を受けた後、丸岡城の内部を見学しました。
丸岡城にて集合写真
丸岡城は、現存する天守では最古の建築様式を持つ平山城で、お城の周辺は、400本のソメイヨシノが植えられ、桜が満開の頃には、幻想的で美しい姿を眺めることができます。

 

丸岡温泉「たけくらべ」にて交流会(8月20日)

坂井市の紹介をする坂井市の児童
延岡市の紹介をする延岡市の児童

 

越前松島水族館(8月21日) 2日目

越前松島水族館では、人気のイルカショーを見学したり、サメや大きなタコに触れたり、魚へのエサやり体験を行いました。

 

そばうち体験(8月21日)

坂井市は、福井県内最大のソバの産地で、香り豊かなそばを大根おろしで食べる「越前おろしそば」が有名です。
そばうち名人から説明を受けた後、そば粉をこねて伸ばし、包丁で切るところまで体験しました。

 

東尋坊(8月21日)

東尋坊は、断崖に日本海の荒波が打ちよせる景色で知られています。
観光遊覧船に乗船し、海上からも断崖を見学しました。

 

お別れ会・交流会報告(8月21日)

班ごとに今回の活動の中で印象に残ったことを報告する児童たち
交流が深まった坂井市と延岡市の児童たち

 

竹細工体験(8月22日) 越前竹人形の里 3日目

竹人形の竹細工体験を行い、完成した作品はお土産として持ち帰りました。

 

ひらかたパーク(8月22日)

木製コースターや観覧車、ボートなどのアトラクションを楽しみました。
  • 丸岡古城まつり交流

広報のべおか掲載関連記事

坂井市ホームページへのリンク

トップページへ > 国際・国内交流 > 福井県坂井市の概要