トップページへ > 国際・国内交流 > マサチューセッツ州メドフォード市

マサチューセッツ州メドフォード市

マサチューセッツ州メドフォード市の概要

メドフォード市長
マイケル・J・マッグリン
  • 締結年月日
    1980年(昭和55年)8月29日
  • 人口
    57,407人(※)
  • 面積
    総面積22.4平方キロメートル、陸地面積21.2平方キロメートル(※)
  • 気候

    1月の平均気温:マイナス1.9度、6月の平均気温:23.1度(※)

※メドフォード市のホームページより抜粋

メドフォード市について

メドフォード市は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州東部海岸に位置し、州都ボストン市から北西8キロメートルの地点、北緯42度20分、西経71度10分にある都市です。

同市周辺はニューイングランドと呼ばれ、アメリカ開拓史の中で最も歴史が古い地方です。同市は1630(寛永7年)年に建設され、1684(貞享元年)年に町となり、1892(明治25年)年5月31日に市制を施行しました。市内には至るところに植民地時代の遺跡があり、アメリカ最古の墓地や建物などの由緒あるものが存在しています。また、古くは造船業の街として栄え、ラム酒も有名銘柄として全米中で愛飲されていました。

現在のメドフォード市は、美しいミスティック湖とそれを源とするミスティック川に船の浮かぶ緑に映える歴史的な水郷都市として知られる一方、文化大都市ボストンの衛星都市として文教都市の名が高く、周辺には国際的に有名なハーバード大学、マサチューセッツ工科大学、タフツ大学等々が林立しています。

姉妹都市締結の経緯

1977(昭和52年)年7月、メドフォード商工会議所会頭の延岡市訪問を契機として姉妹都市提携の話が持ち上がり、同会頭がメドフォード市において市民組織を結成し、同市議会に働きかけ、1978(昭和53)年6月、同市議会が推進決議を行い、延岡市に姉妹都市提携の申し入れがありました。

1979(昭和54年)7月延岡市議会においてメドフォード市との姉妹都市締結を議決し、1980(昭和55年)年8月29日、延岡市長を団長とする使節団がメドフォード市を訪問し、両市の姉妹都市提携に調印しました。

盟約書原文

アメリカ合衆国マサチューセッツ州メドフォード市と日本国宮崎県延岡市は、両市民が文化、教育、経済等広く各分野の交流を通じて国際間の友好と理解を深め、もって両国の親善と世界平和に寄与することを念願してすでに両市議会において姉妹都市提携の議決を行った。

よって、この議決に基づき、両市長が両市民を代表して本盟約書に署名し、両市民が今後末永く親善友好の関係を保つことを誓う。

1980(昭和55)年8月29日

姉妹都市メドフォード市高校生派遣受入事業(1987年(昭和62年)から実施)

1987年から始まった高校生による交流プログラムは23回目を迎えました。

これまでに両市の高校生46名が互いの国を訪問しており、ホームステイをしながら異文化を体験するとともに、自国の歴史や文化を伝えています。

メドフォード市への高校生の派遣(7~8月)(偶数年度に実施)

<平成22年7月27日(火)~8月9日(月) 14日間>

派遣交流プログラム(メドフォード市長訪問、メドフォードロータリークラブ・アサヒアメリカ訪問、メドフォード高校・ハーバード大学見学、ボストン市内観光、大リーグ観戦など)

平成22年度の訪問の様子

廣木優里さん(延岡学園尚学館高等部2年):右から2番目
これはPDFファイルです。別ウィンドウで開きます。派遣者レポート(PDFファイル / 658KB)
矢野雅也さん(延岡工業高等学校3年):左端
これはPDFファイルです。別ウィンドウで開きます。派遣者レポート(PDFファイル / 832KB)

延岡市での高校生の受入(7~8月)(奇数年度に実施)

<平成21年7月21日(火)~8月3日(月) 14日間>

  • 主な交流活動
    宮崎県立延岡星雲高校にて学校体験及びイングリッシュキャンプ参加、旭有機材・ロータリークラブ訪問、まつりのべおか参加など

平成21年度の受入の様子

愛宕山の展望台にて
平成21年度来延 メドフォード高校生
ウィリアム・ダーニーさん 2年生(左)
サラ・カーペンターさん 2年生(右)
ホストファミリーの皆さんたちと一緒に
巻き寿司やたこ焼き作りにも挑戦し、
ホームパーティを楽しみました。
まつりのべおかに浴衣を着て参加しました。
滞在期間中、さまざまな交流活動を
行った2人に感謝の意を表し、
国際友好章を贈呈しました。

メドフォード市ホームページへのリンク

トップページへ > 国際・国内交流 > マサチューセッツ州メドフォード市