ホームへ > くらしの情報 > 健康づくり > 国保特定保健指導
ホームへ > くらしの情報 > 国民健康保険 > 国保特定保健指導

国保特定保健指導

 特定保健指導は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防や改善のため、特定健康診査の結果をもとに、個別のリスクに応じた保健指導を行い、生活習慣病を予防することを目的としています。生活習慣改善のため自主的な取り組みが継続できるよう、専門職(看護師や管理栄養士等)が生活習慣を見直すための支援を実施ます。

 

特定保健指導には、高血圧や高血糖、脂質異常等のリスクに応じて「動機付け支援」と「積極的支援」がありす。


  • 動機付け支援

専門職との原則1回の面接による支援となります。生活習慣改善のための取り組みについて計画を立て、3か月経過後に生活状況の確認をします

 

  • 積極的支援

専門職との初回面接で生活習慣改善のための取り組みについて計画を立て、訪問や電話などで3か月以上の継続的な支援を行います3か月経過後に生活状況の確認をします。

 

 

特定保健指導の判定基準

 

特定健康診査結果

特定保健指導区分

追加リスク※

喫煙歴

40~64歳

65~74歳

1.血糖 2.脂質 3.血圧

腹囲
男性≧85cm
女性≧90cm

2つ以上該当

積極的支援

動機付け支援

1つ該当

あり

なし

動機付け支援

上記以外で
BMI≧25

3つ該当

積極的支援

動機付け支援

2つ該当

あり

なし

動機付け支援

1つ該当

         

  追加リスク※


高血糖

空腹時血糖100mg/dl以上またはHbA1c(NGSP値)5.6%以上

脂質異常症

中性脂肪150mg/dl以上またはHDLコレステロール40mg/dl未満

高血圧

収縮期血圧130mmHg以上または 拡張期血圧85mmHg以上

 

  糖尿病、脂質異常症、高血圧の治療で服薬中の方は、特定保健指導の対象とはなりません。



担当課 市民環境部 国民健康保険課
住所 本庁舎1階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-22-7051(健診指導係)
FAX 0982-33-5839
メールアドレス kokuho@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > くらしの情報 > 健康づくり > 国保特定保健指導
ホームへ > くらしの情報 > 国民健康保険 > 国保特定保健指導