ホームへ > くらしの情報 > 福祉 > 認知症の人や家族を支援する市の取り組み

認知症の人や家族を支援する市の取り組み

> 認知症になっても安心して暮らせるまちに

見守りシール(1人あたり50枚を無料で配布します)

認知症の人が身に付ける物(洋服など)に横図のQR コード付きシールを貼り付け、行方不明時に発見者がQR コードを読み込むことで、メールアドレスの登録をしている家族やケアマネジャーと連絡ができるツールです。

シールの配布を希望する家族やケアマネジャーは、健康長寿のまちづくり課まで、お問い合わせください。

見守りシール

見守りシール

おじいちゃんが いなくなった!
見守りシールをつけた人が困っていたら、発見者はQR コードで伝言板にアクセス    事前に登録した家族に、自動的に発見通知メールが配信    発見者と家族が伝言板で連絡を取り合い、無事に家族の元へ

総合生活保険(保険料は市が負担します)

 

認知症の人が他人の財物を損壊したなどにより、認知症の人やその家族が法律上の賠償責任を求められたときに、保険が適用されます。

対象

在宅で生活する、市内の40 歳以上の認知症の人

※見守りシールを利用していることが条件です。

申請できる人

  • 同居している親族
  • 別居している親族のうち、市内に住所を有する者
  • 認知症高齢者などを支援する介護支援専門員、または地域包括支援センター職員

補償内容

  • 個人賠償責任補償 最大1億円
  • 対象者が他人にケガをさせ、死亡させた時の見舞費用補償 15 万円(定額)
  • 交通事故などによるけがの補償 死亡50万円
    後遺障害を負った場合 2万円~ 50万円
総合生活保険



担当課 健康福祉部 健康長寿のまちづくり課
住所 本庁舎2階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 健康長寿推進係(22-7088)
地域包括ケア推進係(22-7072)
FAX 0982-22-1347
メールアドレス nagaiki@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > くらしの情報 > 福祉 > 認知症の人や家族を支援する市の取り組み