ホームへ > 広報のべおか > まちの話題 > まちの話題をお届けします(9・10月)

まちの話題をお届けします(9・10月)

撮影日:10月15日(木曜) コットンロード収穫祭 (野地町コノハナロード)

 今月の表紙

「コノハナロード市民応援隊」が6月に植え付けをしたコットンの収穫祭の様子です。

収穫祭には同会員の約30人が参加し、ふわふわの白いコットンを丁寧に収穫していました。

今月の表紙

9月23日 有限会社サンシールさのとの移動販売事業に係る連携協定

9月23日(水曜)、有限会社サンシールさの(門川町)と移動販売事業に係る連携協定を締結しました。移動販売は、同社の販売パートナーにより行われ、
生鮮食品を含む約400種類、約1,200点の商品を積んだ移動販売車(とくし丸)で高齢者や体の不自由な人などの家を1軒ずつ訪問します。また、移動販売時には高齢者の見守り活動も行われます。

(販売地域は鶴ケ丘、平原町、沖田町の一部)

有限会社サンシールさのとの移動販売事業に係る連携協定

9月20日 ごみ減量功労者表彰式

9月20日(日曜)にごみ減量功労者表彰式が行われました。

地域でのごみ分別活動やごみステーションの適正な管理に取り組む個人の部2人、団体の部3団体に表彰状と記念品が贈られました。

〇受賞者・受賞団体

  • 【個人の部】白坂行男さん(北川町)、安藤忠さん(富美山町)
  • 【団体の部】 須美江区推進チーム、別府町クリーンステーション指導員会、北方町笠下区
ごみ減量功労者表彰式

10月14日 (仮称)延岡駅西口再開発ビル建築主体等工事安全祈願祭

延岡駅西側に整備する(仮称)延岡駅西口再開発ビルの安全祈願祭が10月14日(水曜)に執り行なわれました。

令和3年の秋ごろを完成予定としており、工事発注者である株式会社まちづくり延岡の黒木清社長は「市民の皆さんの声を聞きながら、この日を迎えることができた。

これからは駅前複合施設エンクロスと連携しながら、駅まちエリアの活性化につなげていきたい」と話しました。

(仮称)延岡駅西口再開発ビル建築主体等工事安全祈願祭

10月10日北川湿原観察会

絶滅危惧種の動植物が50種以上生息し、「日本の重要湿原500」「宮崎県の重要生息地」「ラムサール条約湿原潜在候補地」に指定される北川湿原で10月10日(土曜)、観察会が行われました。

家族連れなど約40人が参加。宮崎県環境保全アドバイザーの成迫平五郎さんの案内のもと、参加者は地元住民による団体「家田の自然を守る会」が草刈りなどで整備した道を歩きながら、希少植物の観察や写真を撮影するなど、湿原散策を楽しんでいました。

北川湿原観察会

[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > 広報のべおか > まちの話題 > まちの話題をお届けします(9・10月)