相談窓口

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  1. 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
  2. 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。
  3. 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。

「新型コロナウィルス感染症健康相談センター」等にご相談いただく目安

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

  1. 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  2. 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    ※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等用いている方
  3. 上記(1)(2)以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
    症状が4日以上続く場合は、必ずご相談ください。症状には個人差がありますので強い症状と思う場合には、すぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。

相談窓口

新型コロナや健康に関する相談

「新型コロナウィルス感染症健康相談センター」

TEL. 0985-78-5670(24時間対応)

なんでも総合相談センター

生活上でお困りのことがある場合は、「なんでも総合相談センター」にご相談ください。

TEL. 0982-20-7105

こころの健康

新型コロナウィルス感染症の拡大・長期化に伴い、心身ともに休まらない人もいらっしゃるのではないでしょうか。

自然に回復していくことがほとんどですが、「つらい気持ちを誰かに話す」ことで気持ちが和らぐことがありますのでご相談ください。

TEL.0982-22-7060(いきいき健康相談)

TEL.0982-22-7014(健康増進課)

こころの健康 ~ひとりで悩まないで、誰かに相談してみませんか~

中小企業相談窓口

新型コロナウイルスにより、仕事に悪影響が出ておりご対応が必要となっている場合(会社の業績悪化など)は、商工観光部の「新型コロナウイルス感染症の流行に関する中小企業相談窓口」に、ご相談ください。

TEL. 0982-34-7841

 

↑TOP