ホームへ > くらしの情報 > 健康づくり > 外出時の注意「マダニに注意」

外出時の注意「マダニに注意」

問合せ:健康増進課 Tel.22-7014

マダニに咬まれることで感染する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の報告数は、今年4月時点で宮崎県が累計70件(平成25年からの届出開始以降)と、全国で最も多くなっています。

マダニは春から秋にかけ活動が活発になります。草むらや藪の中に入る際は肌の露出を少なくするなど、服装にも気をつけましょう。

マダニに咬まれても痛みやかゆみがなく、気づきにくいです。無理に取ろうとせず、近くの皮膚科などを受診しましょう。

また、マダニに咬まれた後3週間は体調に気をつけ、発熱などの全身症状がある場合は内科を受診しましょう。

SFTSの症状

潜伏期間

6日間から2週間程度

症状

発熱(38℃以上)、食欲不振、吐き気、下痢、腹痛、筋肉痛、神経症状、リンパ節腫脹、出血症状、白血球や血小板の減少など

マダニに注意



担当課 健康福祉部 健康増進課
住所 本庁舎2階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-22-7014
FAX 0982-22-1347
メールアドレス kenkou@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > くらしの情報 > 健康づくり > 外出時の注意「マダニに注意」