ホームへ > 広報のべおか > まちの話題 > まちの話題をお届けします(6月)

まちの話題をお届けします(6月)

6月5日(金曜) イモの苗植え体験(野田)

表紙は西階幼稚園の園児と南方小学校5年生が一緒に、イモの苗植えをしている様子です。

苗植え体験は今年で14年目となり、収穫は9月下旬から10月上旬の予定です。

今月の表紙

6月2日 西階公園防災等施設整備に関する説明会

1

西階公園は県の地域防災計画で後方支援拠点に位置づけられています。この西階公園内に、災害時には救援物資の仕分けや搬出などを行う物流拠点の機能を有し、平常時には天候などを気にせずスポーツや市民活動などができる屋内多目的施設を整備する予定です。

6月2日(火曜)は、市役所で市民を対象とした説明会が開催され、活発な意見交換が行われました。

6月10日 鐘まつり

6月10日(水曜)に城山公園で鐘まつりが開催されました。今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、関係団体代表者のみの出
席となり、イベント内容も一部短縮して行われました。

8代目鐘守の日高康やすひこ彦さん、真理子さんが正午の打鐘をし、「昨年は多くの外国人の方にも来てもらっていたが、新型コロナウイルスの影響で減ってしまった。

新しい生活様式となったが、市民の皆さんにいつもと変わらない鐘の音を届けたい」と話していました。

2

6月10日 子供の読書活動優秀実践校の文部科学大臣表彰

3 文部科学省は、子供の読書を推進する活動において、優れた実践を行っている学校や図書館などを表彰しています。本年度は、県内の中学校2校
が受賞し、延岡市から延岡中学校が受賞しました。当初の予定では、東京で開催されるフォーラムにおいて表彰式が行われる予定でしたが、新型コロナウイルス感染対策の影響で中止となったため、市教育長が延岡中学校を訪問し、授与式を行いました。

6月12日 「のべおかの魚・地産地活」PRキャンペーン

市内水産物の地産地活を図るとともに、新型コロナウイルス感染症拡大で影響を受けている水産業者を支援するためのPRキャンペーンが、6月12日㈮から7月13日㈪まで行われます。キャンペーン初日は、イオン延岡店でオープニングイベントが開催されました。期間中は、市内32店舗のスーパーマーケットなどに「のべおかの魚」ロゴステッカーの配布やミニのぼり旗を設置し、販売促進が行われます。 4

[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > 広報のべおか > まちの話題 > まちの話題をお届けします(6月)