ホームへ > 生涯のできごと > 障がい > 重度心身障がい者(児)助成事業(外来分) 手続の変更について
ホームへ > くらしの情報 > 福祉 > 重度心身障がい者(児)助成事業(外来分) 手続の変更について

重度心身障がい者(児)助成事業(外来分) 手続の変更について

掲載日:2020年7月10日

 重度心身障がい者(児)医療費助成事業とは、重度の障害のある方の医療費の負担軽減を図るために助成を行っているものです

 現在は、対象となる重度の障害のある方が、医療機関で支払った自己負担額を市の窓口に申請することで、月額1,000円を超える医療費を助成しています。

 今回、県内医療機関で外来診療にかかる手続を現物給付に変更することで、対象者の医療機関窓口での費用負担を軽減するとともに、市役所窓口での申請が不要となります。(なお、入院については、平成18年から現物給付化されています。)

 変更の時期や自己負担額等、主な内容につきましては下記のとおりです。

重度心身障がい者(児)医療費助成事業(外来診療分)の手続変更について (PDFファイル)

手続方法

 医療機関受診後、会計時に「健康保険証」と

「重度心身障がい者(児)医療費受給資格者証」(大人水色、児童:黄色)

を必ず提示してください。

手続変更となる日

  • 令和2年8月1日(土曜) 受診分から開始

対象となる方

  • 重度心身障がい者(児)医療費受給資格者証をお持ちの方 

対象となる医療機関   

  • 宮崎県内の医療機関 (県外医療機関は対象外)

自己負担額

自己負担額について(※18歳未満は自己負担額なし) 

  • 入院:1ヶ月につき1,000円 (変更なし)
  • 外来:1ヶ月のうち1診療報酬明細につき500円 
  • 調剤自己負担額なし

注意事項

下記の場合、従前通り市役所窓口へ医療費助成の申請手続が必要です。                   

  • 令和2年7月31日までに外来受診をした場合
  • 受給資格者証を提示しないで医療機関等を受診した場合
  • 県外の医療機関を受診した場合 など

※ 保険適用外のもの(食事、差額ベット代など)は、これまでと同様、医療費助成の適用外 です。 



担当課 健康福祉部 障がい福祉課
住所 本庁舎1階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-22-7059
FAX 0982-21-0203
メールアドレス syougai@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > 生涯のできごと > 障がい > 重度心身障がい者(児)助成事業(外来分) 手続の変更について
ホームへ > くらしの情報 > 福祉 > 重度心身障がい者(児)助成事業(外来分) 手続の変更について