ホームへ > 広報のべおか > 催し > 国文祭・芸文祭みやざき2020 シリーズ 7 日本舞踊

国文祭・芸文祭みやざき2020 シリーズ 7 日本舞踊

第35回国民文化祭・みやざき2020 第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会 国文祭ロゴ
問合せ:国民文化祭・障害者芸術文化祭推進室 Tel.20-5553  国文祭QR
  国文祭・芸文祭みやざき2020
ホームページ

10月17日から国文祭・芸文祭みやざき2020が宮崎県で開催されます。

広報のべおかでは、大会期間中の本市での取り組みなどをシリーズでご紹介します。

日本舞踊

日本舞踊とは、神楽や能を起源とし、舞台上で上演することを目的とした、総合舞台芸術です。

日本舞踊で舞う ~新作舞踊「高天原物語(仮)」~

11月29日㈰、延岡総合文化センターで、古事記の「ニニギの嫁取」「天の岩戸」「大蛇退治」「岩戸開き」「天照復活」の5つをテーマに創作された群舞が、世界で初めて披露されます。

振り付けを担当する花柳達真氏は、日本最大の流派「花柳流」の日本舞踊家で、延岡市出身。江戸時代から続く三味線音楽を中心としたオリジナルの楽曲を使用するほか、地域の皆さんも出演を予定するなど、初めて見る人でも楽しめる構成となっています。

インタビュー

国文祭・芸文祭への想いなどを伺いました。

花柳 慶次松 さん

延岡日本舞踊協会 会長

協会創立55 周年の節目にあたり、日本舞踊で神話を形として発表することは、歴史に新たな価値および重要性が認められることになると思います。地元の子どもたちに芸術感性を磨く良い機会となり、感動を市民の皆さまと分かち合いたいです。

▲2月に延岡総合文化センターで開催された花柳流慶扇會発表会の様子
  ▲2月に延岡総合文化センターで開催された花柳流慶扇會発表会の様子



担当課 教育委員会 国民文化祭・障害者芸術文化祭推進室
住所 延岡市役所南別館(882-0822 延岡市南町2丁目1−8)
電話番号 0982-20-5553
FAX
メールアドレス kokubun@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > 広報のべおか > 催し > 国文祭・芸文祭みやざき2020 シリーズ 7 日本舞踊