ホームへ > 広報のべおか > お知らせ > 空き家に附属する農地の取得制度

空き家に附属する農地の取得制度

空き家を買って農業を始めたい人へ

農家

新たに就農する場合には、一定以上の農地の取得が必要になることをご存じですか。

例えば、家庭菜園程度の小規模な農地を取得して農業を始めようとしても、農地法の規制により小規模の面積(延岡市では3,000 m²に設定)以下では農地の取得ができません。

そこで、5月1日から延岡市住み替え住宅バンクに登録されている空き家と農地をセットで取得する場合に限り、15 m²から取得できるよう緩和して農地を取得しやすい環境を整備しました。

農地の取得方法

農地取得には農地法第3 条の許可要件に加え、おもに次の要件が必要となります。

  1. 空き家に居住し、農地を5 年以上継続して耕作すること。
  2. 自治会組織の活動に協力すること。

※農地だけの取得はできません。また、取得した農地は、原則農地以外の目的に使用することはできません。

対象農地(空き家に附属する農地)

空き家所有者が所有する農地で、おもに次の要件に該当しない農地です。

  1. 市街化区域の農地
  2. 耕作の権利が設定されている農地
  3. 地域、組織等が集団的に利用している農地
  4. 現況が山林化など耕作が困難な農地

※その他、条件などがありますので、詳しくはお問い合わせください。

耕す
移住定住について

人材政策・移住定住推進室 Tel.20-7176

農地の取得について

農業委員会事務局 Tel.22-7028

住み替え住宅バンクについて

建築指導課 Tel.22-7034

[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > 広報のべおか > お知らせ > 空き家に附属する農地の取得制度