ホームへ > くらしの情報 > 国民健康保険 > 後期高齢者医療保険料軽減措置の一部変更

後期高齢者医療保険料軽減措置の一部変更

掲載日:2020年6月12日

問合せ:国民健康保険課 Tel.22-7057

令和元年度から、段階的に均等割額の軽減措置の一部が変更されています。今年度は次のとおりです。

後期高齢者医療保険料のうち、年金収入80万円以下など一定の要件を満たす人は、後期高齢者医療保険料の均等割が特例により8割軽減または.5割軽減となっていました。

しかし、医療費や被保険者の増加、世代間の公平を図る観点などの理由から、厚生労働省は令和元年度から段階的に均等割軽減見直しを行っています。令和2年度は7割軽減または、7.75割軽減となります。

令和元年度8割軽減の区分だった人

令和2年度は7割軽減の区分になります。

保険料は9,600 円/年から14,500 円/年に変更

令和元年度8.5 割軽減の区分だった人

令和2年度は7.75 割軽減の区分になります。

保険料は7,200 円/年から10,800 円/年に変更

※保険料を特別徴収(年金からの差し引き)されている人は、年度の前半(4月~8月)は前年度の2月の引き落し額と同額になり、後半(10月~2月)で年間の保険料を調整します。



担当課 市民環境部 国民健康保険課
住所 本庁舎1階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-22-7013(総務係)
FAX 0982-33-5839
メールアドレス kokuho@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > くらしの情報 > 国民健康保険 > 後期高齢者医療保険料軽減措置の一部変更