ホームへ > くらしの情報 > 福祉 > 聴覚障がいのある方等の新型コロナウイルス感染症の相談窓口について
ホームへ > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報 > 聴覚障がいのある方等の新型コロナウイルス感染症の相談窓口について
ホームへ > 広報のべおか > お知らせ > 聴覚障がいのある方等の新型コロナウイルス感染症の相談窓口について

聴覚障がいのある方等の新型コロナウイルス感染症の相談窓口について

掲載日:2020年3月6日

 宮崎県が新型コロナウイルスに関する相談窓口として設置している「帰国者・接触者相談センター」では、聴覚障がいがある方をはじめ、電話での相談が困難な方がいつても相談できるようにするため、3月5日(木曜)からファクスで相談対応を行うこととなりました。
 具体的には、風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続き、強いだるさ(倦怠感)や胃苦しさ(呼吸困難)がある場合、県のホームページから「ファクス相談票」をダウンロードし、専用回線(0985-44-2616)に送信してください。
 相談は24時間受け付けており、帰国者・接触者相談センターが相談内容を確認してファクスで回答します。
 詳しくは、宮崎県のホームページをご確認ください。



担当課 健康福祉部 障がい福祉課
住所 本庁舎1階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-22-7059
FAX 0982-21-0203
メールアドレス syougai@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > くらしの情報 > 福祉 > 聴覚障がいのある方等の新型コロナウイルス感染症の相談窓口について
ホームへ > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報 > 聴覚障がいのある方等の新型コロナウイルス感染症の相談窓口について
ホームへ > 広報のべおか > お知らせ > 聴覚障がいのある方等の新型コロナウイルス感染症の相談窓口について