ホームへ > 広報のべおか > まちの話題 > まちの話題をお届けします(12月)

まちの話題をお届けします(12月)

snzpshot12
 12月14日(土曜) のべおか子どもセンター親子体験活動 cover

表紙は、社会教育センターで行われた、のべおか子どもセンター
の親子餅つき体験活動の様子です。

子どもたちが一生懸命餅つきを行った後、自分たちで餅を丸めお
いしそうに食べていました。

表紙

 

11月24日 12月9・10日
クラウドファンディングプランコンテスト JFAこころのプロジェクト「夢の教室」

地域課題の解決に興味のある人や起業に向けてチャレンジする人を対象としたコンテストが開催されました。5組がそれぞれプランを発表し、後藤福一さんが最優秀賞に選ばれました。最優秀賞者にはクラウドファンディングを実施する際の手数料を市が補助します。

QR

発表されたプランの詳細や結果は市ホームページをご覧ください。

 

市内中学校3校で、日本サッカー協会による「夢の教室」が開催されました。

夢先生として元水泳選手の松田丈志氏や現役のプロ野球選手でオリックス・バファローズに所属する原翼氏、元プロサッカー選手の稲若健志氏が登壇。夢を諦めず、自分の可能性を信じてさまざまなことにチャレンジすることの大切さなど、自身の経験を交えて中学生に伝えました。

snapshot12
12月12日 12月9~13日
地域新電力会社の設立可能性に関する説明会 ヤマハ発動機ジュビロラグビー延岡合宿

市では、地域の電気代を引き下げるとともに、電力会社の利益を市に寄付することによる新たな財源確保を主な目的とし、地域新電力会社の設立を目指しています。

12月12日(木曜)には、地域新電力会社事業化可能性調査報告書に関する市民説明会が市役所で開催され、市長が新会社の契約見込み件数や収支シミュレーションの結果などを説明しました。会場には約200人が集まり、関心の高さがうかがえました。

 

ジャパンラグビートップリーグに参加するヤマハ発動機ジュビロが、西階陸上競技場で5日間の合宿を行いました。合宿には、延岡市出身の堀川隆延監督をはじめ、ラグビーワールドカップ2019日本代表のヘルウヴェ選手のほか山本幸輝選手、五郎丸歩選手などあわせて約60人が参加。選手たちは、1月から始まる国内リーグ戦に向け、激しいコンタクトプレーや基礎練習などで汗を流していました。

[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > 広報のべおか > まちの話題 > まちの話題をお届けします(12月)