ホームへ > 広報のべおか > 特集 > おうち de タパス(15皿目)

おうち de タパス(15皿目)

掲載日:2020年1月14日

タパス15

延岡の料理人と生産者が連携して、家庭で作れる本格タパス料理を教えます。

タパスとは、おつまみのように気軽に食べられる小皿料理です。

今回の食材 北浦産原木椎茸

しいたけ

農薬を使用せず、豊かな自然を利 用した栽培方法。

モッチリとした傘 やコリコリした軸の食感が特徴です。

生産者

愛情と手間をかけて原木椎茸を栽培しています。

お客様に「おいしい!」と言ってもらえること、喜んでもらえることが、一番の喜びであり、誇りです。

生産者

川野しいたけ(北浦町)

川野 祐弘さん(写真左)
川野 まり子さん(写真右)

椎茸しんじょの海老入りあんかけ 調理時間 約40分

椎茸しんじょの 海老入りあんかけ

材料(4人分)

  • 生椎茸 : 100グラム
  • 生エビ : 4 匹
  • 白身魚(すり身) : 300グラム
  • 人参 : 1/2 本
  • 銀杏(水煮) : 8個
  • きくらげ(生または乾燥) : 少々
  • 片栗粉 : 適量
  • みつ葉 : 4 本
  • 柚子の皮 : 適量
A
  • 卵白 : 1個
  • 塩 : 少々
  • タンサン(重曹) : 少々
B
  • 出汁 : 500シーシー
  • 醤油(薄口) : 100シーシー
  • 酒 : 100シーシー
  • みりん : 100シーシー
  • 砂糖 : 少々
  • 干し椎茸(スライス) : 適量

作り方

食材の下処理
  1. 生椎茸の軸を根元から切り落とし、表面に 飾りを入れる。
  2. 人参をみじん切りにして1分程湯がく。
    きくらげを千切りにする。乾燥を使う場合 は、戻した後に千切りにする。
    銀杏を大きい場合は食べやすい大きさ(1センチメートル程度)に切る。
    生の銀杏を使う場合は、 皮を剥いて塩(少々)を入れ湯がく。
  3. エビカット図
    生エビの殻を剥き、半分に切 る。
    背ワタを洗い流す。
    塩 (少々)を入れ湯がき、霜降 りにして水分を拭き取る。

  1. フードプロセッサーに、適度な大きさに切った白身魚とAを入れ、粘りが出るまでよく混ぜ、タネを作る。
    タネをボウルに移し2を加え混ぜ合わせる。
  2. 椎茸1の傘の裏側に片栗粉をハケなどでまぶす。
    エビ3は両面に片栗粉をまぶす。
  3. 椎茸の傘の裏側に5のエビを置き、4のすり身を詰めるように塗る。
    塗ったものを蒸し器に並べて強火で5~ 6分蒸し、すり身が膨らんだら蒸し器から取り出す。
    しいたけの工程
  4. 鍋に6とBを入れ、中火で炊く。
    沸騰したら火を弱めて落し蓋をし、10分程煮込む。
  5. 煮込んだ7を先に器に盛り、鍋の出汁に水溶き片栗粉(分量外)でとろみをつける。
    餡をかけ、柚子の皮をおろし、みつ葉を飾ったら完成。

今月の講師

サラリーマン割烹 ふく福(新町)

大山 史宣 さん

今月の講師

お店を開いて35年が経ちました。

なるべく地元の食材を使い、安くて良い品を提供できるよう 心がけています。

地元の方に愛され続け、満足し てもらえる空間となるよう努めていきたいです。

本格タパス料理教室「おうち de タパス」加者募集!

延岡市駅前複合施設エンクロスでプロの料理人と生産者が教える、本格タパス料理教室「おうちdeタパス」が毎月1回程度開催されています。

詳しくは、「エンクロスのホームページ」または「東九州バスク化構想のホームページ」をご覧ください。

問い合わせ:企画課 Tel.22-7003



担当課 企画部 企画課
住所 本庁舎6階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-22-7003(企画調整係)
0982-22-7075(広域行政係・統計調査係・施設経営係)
FAX 0982-22-7090
メールアドレス kikaku@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > 広報のべおか > 特集 > おうち de タパス(15皿目)