ホームへ > 広報のべおか > 特集 > おうち de タパス(13皿目)

おうち de タパス(13皿目)

おうち de タパス(13皿目)

延岡の料理人と生産者が連携して、家庭で作れる本格タパス料理を教えます。

タパスとは、おつまみのように気軽に食べられる小皿料理です。

今回の食材「サツマイモ」

さつまいも 北浦町三川内にある歌糸地区は、水質と土質に恵まれた環境で、栽培期間中は農薬・化学肥料不使用です。安心・安全で甘くて質の良いサツマイモです。

生産者:梅田農園(北浦町) 梅田 学宏さん

梅田 学宏さん 3年前に脱サラをしてサツマイモ栽培を始めました。これから先、やってみて失敗することもあるかもしれませんが、未来が良い方向に行くように日々研究し、新しい事にもチャレンジして行きたいと思っています!

豆乳さつまいもプリン大学芋のせ(調理時間約60分)

豆乳さつまいもプリン大学芋のせ

材料(5人分)

豆乳さつまいもプリン
  • さつまいも(裏ごし用):100グラム

A

  • たまご(Mサイズ):1個
  • 昆布出汁:100シーシー
  • 豆乳(無調整):70cc
  • きび砂糖:25g
大学芋
  • さつまいも:200g
  • 黒ごま:適量

B

  • 水:50cc
  • きび砂糖:50g

作り方

  1. 電子レンジ
    さつまいも(裏ごし用)の皮を剥いて、輪切りで5mm程度に切り、強火で10分程蒸し器で蒸す。竹串がスッと通るくらいの柔らかさになれば、火を止め、粗熱をとる。
  2. ボウルに裏ごし器を重ねて、1のさつまいもを1度こす。こしたものにAを加えて軽く混ぜたあと、ミキサーに移し、舌触りがなめらかになるまで混ぜる。
  3. 人数分(1人分:約60cc)を器に移して蒸し器に入れ、弱火で10分程蒸す。粗熱をとり、冷蔵庫で20~30分冷やす。
  4. さつまいも(サイコロ用)の皮を剥いて、1cm角程度のさいの目切りにする。
  5. 鍋に油(分量外)を170℃に熱し、水気を拭き取った4を入れて4~5分素揚げする。揚がったら取り出し、油を切る。
  6. 鍋などにBを入れ、強火にかけ沸騰したら弱火にして5を加えて煮詰める。蜜がトロッとなれば火を止め、粗熱をとり、冷蔵庫で10分程冷やす。
  7. 冷蔵庫で十分に冷えたプリンの上に大学芋を盛り付け、黒ごまをかければ完成 !
point
  • ミキサーをかけた後に、ざるを通してこすと更になめらかになります。
  • 蒸しあがり目安は、竹串を差して液体がついてこなければOKです!また、1人あたりの量が増えるときは、蒸し時間を少し長くして調整してください。
  • 揚げている時の泡が小さく、パチパチしてきたら頃合いですが、1つ味見をして火が通っていることを確認しましょう。

今月の講師

日向灘で獲れた魚や県内の食材を使い「ここにあるもの」をお届けできるよう心掛けています。 髙平 新之助 さん 潮香ノ宿 髙平屋 (北浦町)
髙平 新之助 さん

本格タパス料理教室「おうちde タパス」参加者募集!

延岡市駅前複合施設エンクロスでプロの料理人と生産者が教える、本格タパス料理教室「おうちdeタパス」が毎月1回程度開催されています。

詳しくは、「エンクロスのホームページ」または「東九州バスク化構想のホームページ」をご覧ください。

問い合わせ:企画課 Tel.22-7003



担当課 企画部 企画課
住所 本庁舎6階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-22-7003(企画調整係)
0982-22-7075(広域行政係・統計調査係・施設経営係)
FAX 0982-22-7090
メールアドレス kikaku@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > 広報のべおか > 特集 > おうち de タパス(13皿目)