ホームへ > 学びの情報 > 文化活動 > 令和元年度 文化功労者表彰

令和元年度 文化功労者表彰

掲載日:2019年11月13日

本市の文化の向上に特に顕著な功績のあった人を表彰する文化功労者表彰。

今年度は、学芸文化部門で武田弘子さんと、政経文化部門で山本俊幸さんが受賞しました。

学芸文化部門

武田 弘子さん78歳
武田 弘子さん78歳

主な功績

武田友禅教室を主宰する傍ら、平成21 年に日本宇宙少年団延岡分団を結成し、副分団長として子どもたちに宇宙への興味や夢を与えています。金星探査機「あかつき」には、結成記念に子どもたちと制作した友禅染作品の写真プレートが搭載され現在も周回しています。宇宙をモチーフにした作品は、県や市の美術展で大賞や特選を受賞しています。このほか、べンベルグ発祥の地、延岡をアピールする五ヶ瀬川堤防での「コットンロードプロジェクト」の立ち上げや環境教育への取り組みなど、現在23 におよぶ団体に所属し社会奉仕活動に尽力しています。

喜びの声

この度、文化功労賞という最高の賞を頂きましたのは、私を支えてくださいました皆様のおかげですので、まず皆様方に御礼と感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

現在は、北方学園の中学生と綿を協同栽培し、郷土愛・地域貢献・収穫の喜びをともに感じています。この功労賞を励みに前向きに色々な事にチャレンジをしていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

政経文化部門

山本 俊幸さん71歳
山本 俊幸さん71歳

主な功績

通算28 年間、商工会議所事業を通して、地域産業の振興に携わりました。特に新製品の開発や、ものづくり分野における次世代の人材育成に貢献し、平成7 年に「延岡少年少女発明クラブ」の発足に尽力しました。会長として、24 年間、多くの子どもたちに発明工夫のアイデアの出し方を指導し、平成29年に長年の活動が認められ、ソロプチミスト日本財団の「社会ボランティア賞」を受賞しました。現在は一般社団法人宮崎県発明協会の会長として延岡地域はもとより県全体の産業振興、ものづくり分野の人材育成にも尽力しています。

喜びの声

受賞の連絡を受け、驚きと嬉しさで、いっぱいでした。これもご協力、ご支援を頂いた諸先輩・知人・友人の方々のお陰と心から感謝申し上げます。

現在、延岡少年少女発明クラブ、野口遵顕彰会のジュニア科学スクールの出前授業などを通して、創造性豊かな人間性・発明工夫・アイデアの出し方を指導しています。今後も子ども達の将来と地域経済の発展に、より一層尽力していきたいと思います。



担当課 教育委員会 文化課
住所 延岡市役所南別館(882-0822 延岡市南町2丁目1−8)
電話番号 0982-22-7047
FAX 0982-34-6438
メールアドレス bunka@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > 学びの情報 > 文化活動 > 令和元年度 文化功労者表彰