ホームへ > くらしの情報 > 国民年金 > 年金生活者支援給付金制度

年金生活者支援給付金制度

掲載日:2020年10月5日

 令和元年10月から、年金生活者支援給付金制度が始まりました。年金生活者支援給付金は、年金収入額とその他の所得額の合計が一定基準以下の人に、年金に上乗せして支給されるものです。年金生活者支援給付金は3つの種類があります。

1.老齢年金生活者支援給付金

 

以下の支給要件をすべて満たしている人が対象です。

     65歳以上で老齢基礎年金を受給している。

     同一世帯の全員の市町村民税が非課税となっている。

     前年の年金収入額とその他の所得額の合計が879,900円以下である。

     ○給付額は受給者個人によって異なります。

 

2.障害年金生活者支援給付金

 

以下の支給要件をすべて満たしている人が対象です。

     障害基礎年金を受給している。

     前年の所得額が4,621,000円以下である。

給付額

障害等級2級の人・・・5,030円(月額)

障害等級1級の人・・・6,288円(月額)

  

3.遺族年金生活者支援給付金

 

以下の支給要件をすべて満たしている人が対象です。

     遺族基礎年金を受給している。

     前年の所得額が4,621,000円以下である。

給付額

5,030円(月額)

(ただし、2人以上の子が遺族基礎年金を受給している場合は、5,030円を子の数で割った金額がそれぞれに支給されます。)

 

請求の手続き

令和元年度より支援給付金を受給している人・・・2年目以降の手続きは原則不要です。

・審査の結果、支給要件を満たす場合、引き続き支援給付金が支給されます。

・審査の結果、要件を満たさなくなった場合、支援給付金は支給されません。

 その際は「年金生活者支援給付金不該当通知書」が送られてきます。

 

今年度、支援給付金の対象となる人

日本年金機構から封書が送られてきます。(10月中旬頃を予定)。

中に入っているハガキに必要事項を記入しポストに投函してください。

※令和3年1月末日までに手続きすれば、令和2年8月分からさかのぼって支給されます。

  令和3年2月以降に手続きした場合は、受付された月の翌月分からの支給となり、

  令和2年8月分にさかのぼって支援給付金を受け取ることはできません。

 

これからはじめて老齢・障害・遺族基礎年金を受給する人

年金の請求手続きの際に、支援給付金の請求書も提出してください。

※審査により給付を受けられない場合があります。

 

注意点

給付額は、毎年度、物価の変動により改定されます。

給付金のお知らせが届いている場合でも、給付を受けられない場合があります。

 

次の⑴~⑶のいずれかの事由に該当した場合、支援給付金は支給されません。

  1. 日本国内に住所がないとき
  2. 年金が全額支給停止のとき
  3. 刑事施設等に拘禁されているとき

 

ご不明な点がありましたら、給付金専用ダイヤルまたは年金事務所へお問い合わせください。

    『ねんきんダイヤル』 TEL0570-05-1165

    『延岡年金事務所』 TEL21-5424

年金生活者支援給付金のお知らせ



担当課 市民環境部 市民課
住所 本庁舎1階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-22-7015(住民票・戸籍)
0982-22-7036(国民年金)
FAX 0982-21-1457
メールアドレス shimin@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > くらしの情報 > 国民年金 > 年金生活者支援給付金制度