ホームへ > 広報のべおか > 特集 > おうち de タパス(12皿目)

おうち de タパス(12皿目)

おうち de タパス(12皿目)

延岡の料理人と生産者が連携して、家庭で作れる本格タパス料理を教えます。

タパスとは、おつまみのように気軽に食べられる小皿料理です。

今月の食材「北浦産アスパラガス」

生産者(一財)北浦町農業公社(北浦町)

アスパラ

北浦町では、7戸の農家がアスパラガスのハウス栽培に取り組んでいます。

形が良く甘みがあると評判の北浦産アスパラガスは、2~10月頃にかけて収穫されます。

アスパラガスとじゃが芋のカウサレジェーナ(調理時間約50分)

アスパラガスとじゃが芋の

材料(4人分)

  • じゃがいも(中):4個
  • アスパラガス:8本
  • ゆで卵:1個
  • 生ハム:4枚
A
  • オリーブオイル:50cc
  • アヒ・アマリーヨ:30g
  • 塩:2g
B
  • オリーブオイル:50cc
  • マヨネーズ:大さじ6
パプリカソース
  • にんにく:2片
  • たまねぎ:(中)1/ 2個
  • パプリカ(赤):1/ 2個
  • ロコト・ペッパー:大さじ1
  • オリーブオイル:100cc
    ブイヨン:100cc
    塩:2つまみ

作り方

マッシュポテト
  1. じゃがいもを洗う。皮付きのじゃがいもを鍋に入れ、かぶるくらいの水(水に対して1%の塩を入れたもの)で強火にかけ、沸騰したら弱火にして、30 ~ 40分ほど茹でる。竹串がスーッと通るくらいまで火が通ったら火を止めザルにあげて、熱いうちに皮を剥く。
  2. ボウルに裏ごし器を重ねて1のじゃがいもを1度こし、Aを加えて混ぜる。
  3. アスパラガスは、ピーラーなどで下半分の皮を薄く剥き、鍋やフライパンにかぶるくらいの水(水に対して1%の塩を入れたもの)で、強火で約1分茹でる。茹で上がったアスパラガスは3等分に切っておく。
アスパラソース
  1. 3で3等分にしたアスパラガスの根元側(図1)を、細かく切りミキサーにBと一緒に入れ、20 ~ 30秒ほど回す。
  2. ボウルに4のアスパラソースを大さじ1.5、塩1つまみ(分量外)を入れ、アスパラガスの中央部分(図2)を小口切りにしたものと絡める。
  3. 皿の上にセルクル型に置き、マッシュポテト→5のアスパラガス → 生ハム→ マッシュポテトの順で詰めていき、少し押さえながら型から抜く。ス
    ライスしたゆで卵、アスパラガスの穂先側(図3)を飾り、アスパラソース、パプリカソースを添えたら出来上がり。
パプリカソース
  1. にんにく、たまねぎ、パプリカをスライスして鍋に入れ、オリーブオイル、ロコト・ペッパーを加え火にかける。沸騰したら蓋をして弱火で約5分煮る。
  2. 具材がしんなりしてきたら、ブイヨン、塩2つまみを加え煮詰める。量が半分になったらミキサーにかけ、ソースがなめらかになれば完成。
アスパラ

今月の講師

店名は、リーコ(スペイン語でおいしい)・タクナ(幼い頃住んでいたペルーのタクナ市)という意味です。延岡の食材を使った創作ペルー料理を味わってほしいです。  今月の講師

restaurante rico tacna(瀬之口町)

久我 大輔 さん

本格タパス料理教室「おうちde タパス」参加者募集!

場所

エンクロス1階 キッチンスペース

人数

8人程度

参加費

無料

11月の予定

11月11日(月曜)14時~

講師

鮨たけ 甲斐威範さん

詳しくは、「エンクロスのホームページ
または「
東九州バスク化構想のホームページ」をご覧ください。
タパス

問い合わせ

企画課 Tel.22-7003



担当課 企画部 企画課
住所 本庁舎6階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-22-7003(企画調整係)
0982-22-7075(広域行政係・統計調査係・施設経営係)
FAX 0982-22-7090
メールアドレス kikaku@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > 広報のべおか > 特集 > おうち de タパス(12皿目)