ホームへ > くらしの情報 > 人権・男女共同参画 > 「延岡市すべての市民の人権が尊重されるまちづくり条例」が施行されます
ホームへ > くらしの情報 > まちづくり > 「延岡市すべての市民の人権が尊重されるまちづくり条例」が施行されます

「延岡市すべての市民の人権が尊重されるまちづくり条例」が施行されます

掲載日:2019年9月26日

「延岡市すべての市民の人権が尊重されるまちづくり条例」が令和元年9月定例市議会において可決され、令和元年10月1日から施行されます。

「人権」とは、私達一人ひとりが持っている「人間が人間として幸せに生きていくための権利」です。その権利を脅かす人権侵害や差別は決して許されるものではありません。

本条例では、部落差別をはじめ、女性、子ども、障がい者、高齢者、外国人、性的少数者などへのあらゆる差別を解消し、すべての市民の人権が尊重される社会の実現を目指すことを目的としており、そのために必要なことを定めています。

※「あらゆる差別」~上記の人権課題の他にも、HIV感染者・ハンセン病元患者等、情報化社会における問題、犯罪被害者等の様々な分野の人権課題を含んでいます。

条例について

「延岡市すべての市民の人権が尊重されるまちづくり条例」の概要 (PDFファイル)

延岡市すべての市民の人権が尊重されるまちづくり条例(条文) (PDFファイル)

条例制定の背景

  • 本市は、「人権教育及び人権啓発の推進に関する法律」(平成12年)に基づき、「延岡市人権教育・啓発推進方針」(平成22年)を策定するなど、人権教育・啓発に継続的に取り組んでいます。
  • 延岡市議会においても、「部落差別をはじめとしたいっさいの差別をなくす決議」(平成8年9月議会)が採択されています。
  • 平成28年には、「部落差別の解消の推進に関する法律」「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」が相次いで施行されています。
  • このような動きを背景として、県内をはじめ全国の自治体で人権に関する条例の制定や改正の動きがあります。    

条例制定までの取組

本条例の制定過程において、延岡市人権教育・啓発推進懇話会(3回開催;令和元年5月・6月・7月)を開催し、委員の皆様からのご意見をいただきました。

また、市民からの意見募集(パブリックコメント;令和元年7月1日~19日)においても、市民の皆様からご意見をいただきました。

このようなご意見を踏まえながら条文化し、令和元年9月定例市議会の議案として提出し、可決されています。

制定過程において、懇話会の委員や市民の皆様など、たくさんのご意見をいただきありがとうございました。  

今後の取組

今後、本条例に基づき、人権教育・啓発の充実をはじめ、延岡市人権教育・啓発推進方針の改定や人権に関する市民意識調査の実施(令和元年度中)など、差別の解消に向けた具体的な取組を進めていきます。 



担当課 企画部 人権推進課
住所 本庁舎3階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-22-7002
FAX 0982-22-7061
メールアドレス jinken@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > くらしの情報 > 人権・男女共同参画 > 「延岡市すべての市民の人権が尊重されるまちづくり条例」が施行されます
ホームへ > くらしの情報 > まちづくり > 「延岡市すべての市民の人権が尊重されるまちづくり条例」が施行されます