ホームへ > 広報のべおか > お知らせ > 自動車の運転に不安はありませんか?高齢者の安全運転をサポートします!

自動車の運転に不安はありませんか?高齢者の安全運転をサポートします!

掲載日:2019年9月17日

問合せ:交通政策課 Tel.22- 7039

高齢者の安全運転

目・耳・脚の衰えなど加齢とともに起こる体の変化は、運転時の操作ミスにつながることがあります。

高齢運転者が安全に運転するためには、運転者本人が体の変化を自覚し、年齢に応じた運転をすることが重要です。

そこで、市が行っている高齢者の安全運転サポートの取り組みについて、その一部をご紹介します。

高齢者運転サポート講習(実車練習)の参加者募集

日時

10月18日(金曜) 8時30分~ 17時

集合場所

延陵自動車学校

内容

実車練習、セーフティ・サポートカー体験、バスの乗り方教室、エンクロスで危険予測運転シミュレータ体験、運転相談

人数

10人(65歳以上の運転者)

応募多数の場合は抽選。抽選結果は郵送します。

応募方法

電話で交通政策課に申込

応募締切

9月17日(火曜)

めひかり「ひむか運転」・補償運転

補償運転とは、運転する時と場所を選択し、心身や環境を整え、運転技能の低下を補う運転方法です。

この補償運転を理解し、より親しみがもてるように、市では「ひむか」を合言葉としています。

ひむか

めひかり「ひむか運転」を自主宣言した人に宣言証を交付しています。

車の中に常備し、運転するときは、自主宣言証を見て、慎重な運転を心がけましょう。

自主宣言証

運転免許証の自主返納を考えている人へ

運転免許証自主返納のすすめ 運転時の認知機能低下チェックリストや相談窓口、メリット制度などを掲載した交通安全パンフレット「運転免許証自主返納のすすめ」をご活用ください。

配付窓口

交通政策課(市役所6階)、各支所、各総合支所、延岡警察署、延岡運転免許センター、各地域包括支援センターなど

家族や地域の皆さんへのお願い

免許証の自主返納は、本人にとって重い決断になることを周囲が理解して支援することが重要です。

返納した後の生活を一緒に考えましょう。

延岡市では、地域の公共交通を確保・維持するため、昨年度、「延岡市地域公共交通網形成計画」を策定しました。現在、バス路線の再編や市民協働による地域の移動手段の確保をすすめています。



担当課 企画部 地域・離島・交通政策課
住所 本庁舎6階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 22-7039
FAX 22-7062
メールアドレス k-anzen@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > 広報のべおか > お知らせ > 自動車の運転に不安はありませんか?高齢者の安全運転をサポートします!