ホームへ > 広報のべおか > 特集 > おうち de タパス(11皿目)

おうち de タパス(11皿目)

おうち de タパス(11皿目)

延岡の料理人と生産者が連携して、家庭で作れる本格タパス料理を教えます。

タパスとは、おつまみのように気軽に食べられる小皿料理です。

今月の食材 中玉トマト

北方町上鹿川の標高500メートルのハウスで栽培。寒暖差や綱ノ瀬川の水を生かし自然に近い環境で育てているため、赤く引き締まった良質なトマトが育ちます。

生産者

生産者

中玉トマトは「ふるさと市場」や「道の駅北方よっちみろ屋」で購入することができます。

安心・安全を心がけ、皆さんに美味しいトマトを提供できるよう大切に育てています。

上鹿川トマト部会(北方町)

  • 鶴田 忠さん(写真左上)
  • 新本 比佐良さん(写真右上)
  • 中村 義幸さん(写真左下)
  • 西髙 信義さん(写真右下)

中玉トマトの夏野菜カレー 調理時間約45分

中玉トマトの 夏野菜カレー

材料(4人分)

○カレーソース○スパイス
  • 玉ネギ(大) : 1個
  • 生姜(すりおろし) : 20グラム
  • ニンニク(すりおろし) : 10グラム
  • バター : 40グラム
  • クミンシード : 小さじ1
  • サラダ油 : 40シーシー
A
  • カレー粉 : 10グラム
  • カルダモンパウダー : 1グラム
  • ガラムマサラ : 5グラム
  • クミンパウダー : 1グラム
  • カイエンヌペッパー : 1グラム
○トッピングB
  • 粉末ブイヨン : 10グラム
  • 水 : 300シーシー
  • カットトマト缶 : 200シーシー
  • ココナッツミルク : 100シーシー
  • ケチャップ : 大さじ2
  • チャツネ : 40グラム
  • 中玉トマト : 4個
  • ナス : 1本
  • オクラ : 4本
  • 玉ネギ(中) : 1/ 2個
  • サラダ油 : 大さじ1
  • バター : 大さじ1
  • 塩 : 少々
  • コショウ : 少々

作り方

  1. 玉ネギ(大)はみじん切りに、生姜とニンニクは、すりおろし(または、みじん切り)にする。

  2. 鍋にバター40グラム、サラダ油40シーシーを入れ、強火で1の玉ネギを炒める。火が通ってきたら弱火にして焦がさないように火力を調整しながら飴色になるまで炒める。1の生姜とニンニク、クミンシードを加え、馴染むように中火で2~3分炒めたら、火を止める。

  3. 2の鍋に、あらかじめ一つに混ぜておいたスパイスAを加える。次にBを順に加え、蓋はせずに中火~弱火で5~6分煮込む。※ボコボコと沸騰させると香りが飛ぶので注意。

  4.  トッピングの中玉トマトはくし切りにし、玉ネギは厚さ約3ミリメートルのスライス、ナスは半月切り、オクラはななめ切りにする。フライパンにバター、サラダ油(各大さじ1)を入れ、玉ネギ、ナス、オクラを炒め、塩、コショウする。火が通ったら中玉トマトを加え、軽く炒める。フライパンに3のカレーソースを人数分加え、軽く加熱したら火を止める。皿に盛り付けたらできあがり。

 

▶ ココナッツミルクはヨーグルト、牛乳、生クリームで代用できます。(分量はいずれも100シーシー)ヨーグルトは酸味が増し爽やかな味になり、牛乳、生クリームはまろやかになります。

今月の講師

食材は延岡産のものを意識して使って います。

これからも安心して食べられる おいしさを提供していきたいです。

今月の講師 カレー専門店
ビーグルハウス(旭町)
岩﨑 崇 さん

本格タパス料理教室「おうちde タパス」参加者募集!

場所

エンクロス1階 キッチンスペース

人数

8人程度

参加費

無料

10月の予定

10月1日(火曜)10時30分~

講師

「 潮香ノ宿 髙平屋」髙平新之助さん

詳しくは、「エンクロスのホームページ」 または「東九州バスク化構想のホームページ」をご覧ください。

問い合わせ

企画課 Tel.22-7003



担当課 企画部 企画課
住所 本庁舎6階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-22-7003(企画調整係)
0982-22-7075(広域行政係・統計調査係・施設経営係)
FAX 0982-22-7090
メールアドレス kikaku@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > 広報のべおか > 特集 > おうち de タパス(11皿目)