ホームへ > くらしの情報 > 環境保全 > 展開検査について

展開検査について

掲載日:2019年7月4日

延岡市クリーンセンターでは、平成31年1月より展開検査機を導入し、令和元年度より検査機による展開検査を実施しております。

 1  2                          

 

延岡市クリーンセンターでは、以下のことから展開検査を実施しています。

  • 焼却炉に金属、ガラス等の不燃物の混入がないことを確認することで、焼却炉のトラブルを未然に防ぐ。
  • 産業廃棄物の混入がないかを確認し、一般廃棄物の適正処理を推進する。
  • 資源物の混入があった場合、資源化を促進することで、更なるごみの減量化、資源化を推進する。

 

展開検査を実施する対象者
  • 事業系一般廃棄物収集運搬許可業者
  • 直接搬入する事業者
  • その他検査が必要と認められる搬入者

 

展開検査状況(令和元年6月28日現在) 随時更新予定

  • 検査回数 31回

 3 4 5

産業廃棄物の事例として多かったもの
  • 文房具が入っていたケース(廃プラスチック)
  • 漂白剤ボトル(廃プラスチック)
  • 緩衝材(廃プラスチック)・・・・・・等があります。



担当課 市民環境部 クリーンセンター(清掃工場)
住所 クリーンセンター(882-0854 延岡市長浜町3丁目1954番地3)
電話番号 0982-33-1869
FAX 0982-33-1870
メールアドレス seisoh@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > くらしの情報 > 環境保全 > 展開検査について