ホームへ > くらしの情報 > 国民年金 > 障害基礎年金
ホームへ > 広報のべおか > お知らせ > 障害基礎年金

障害基礎年金

掲載日:2019年5月14日

病気やけがが原因で障がいの状態になった場合、次の要件を満たすと「障害基礎年金」が請求できます。(審査の結果により、障害年金を受けられない場合もあります。)

初診日の要件

(次のいずれかに該当すること)

  • 初診日が国民年金加入中(初診日が厚生年金加入中にある場合は、障害厚生年金が請求できます)
  • 20歳前に初診日がある
  • 生まれながら障がいがある
  • 日本国内に住所を有し、60歳以上65歳未満の間に初診日がある(老齢基礎年金を繰上げ請求した人を除く)


年金を受けるための納付要件

初診日の属する月の前々月までに、保険料納付済期間・免除承認期間が3分の2以上あること(20歳前に初診日がある場合は、納付要件は問いません)

請求できる時期

初診日から1年6カ月経過した日(障害認定日という)以降に手続きができます。
なお、前述の要件や障害認定日には特例がありますので、詳しくはご相談ください。

問合せ

延岡年金事務所 Tel.21-5424
市民課国民年金係 Tel.22-7036



担当課 市民環境部 市民課
住所 本庁舎1階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-22-7015(住民票・戸籍)
0982-22-7036(国民年金)
FAX 0982-21-1457
メールアドレス shimin@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > くらしの情報 > 国民年金 > 障害基礎年金
ホームへ > 広報のべおか > お知らせ > 障害基礎年金