ホームへ > くらしの情報 > 健康づくり > 妊娠期から子育て期にわたる母子への支援「子育て世代包括支援センターの開設」

妊娠期から子育て期にわたる母子への支援「子育て世代包括支援センターの開設」

子育て世代包括支援センターの開設と産婦健康診査・産後ケア事業を開始!

問合せ

健康増進課 Tel.22-7014

子育て世代包括支援センター Tel.20-7174

子育て世代 包括支援センター

妊娠期から子育て期にわたる妊産婦や子どもに切れ目のない支援をさらに充実させるため、子育て世代包括支援センターを市役所2階に開設しました。

センターでは、妊娠・出産・子育てに関してさまさまな相談に応じながら、状況に応じて情報提供やアドバイスなどを行います。

保健センターで母子手帳を交付する様子   4月1日に行われた支援センターの開設式
保健センターで母子手帳を交付する様子   4月1日に行われた支援センターの開設式
対象

妊産婦、乳幼児およびその家族 など

開設時間

8時30分~17時15分 (土日・祝日を除く)

場所

市役所2階 保健センター内

お気軽にご相談ください。

産婦健康診査事業

出産後間もない時期は、女性ホルモンの急激な変化や赤ちゃん中心の生活リズムにより心身ともに不安定になることがあります。

心身ともに順調に回復しているかを産婦健康診査で確認し、必要な場合は、早めに治療やケアにつなぐことができます。

対象

市内に住所があり、平成31年4月1日以降に出産した人

受診場所

県内の産婦人科医療機関

健診費用

原則無料。ただし、健診内容によって一部自己負担あり。

※2回(産後2週間、1カ月)まで

健診内容

問診、診察、体重・血圧測定、尿検査、こころの健康チェック

助成券の交付

母子健康手帳の交付時に合わせて交付します。

※ 平成30年度中に母子健康手帳の交付を受けた人は、医療機関で助成券の交付が受けられます。

産後ケア事業

産後の体調不良や育児不安などがある場合に、病院などで育児相談や授乳方法の指導、母親の健康管理などのサポートを受けることができます。

対象

市内に住所があり、要件に該当する産後4カ月以内の母子

実施場所

市が委託する産婦人科など

利用料

世帯の課税状況により、自己負担があります。

※詳しくはお問い合わせください。



担当課 健康福祉部 健康増進課
住所 本庁舎2階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-22-7014
FAX 0982-22-1347
メールアドレス kenkou@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > くらしの情報 > 健康づくり > 妊娠期から子育て期にわたる母子への支援「子育て世代包括支援センターの開設」