ホームへ > 市政情報 > 計画・指針 > 平成31年度「主要事業」(1~2)

平成31年度「主要事業」(1~2)

新たに始まる事業など、 平成31年度の主な事業を紹介します

新 =今年度から取り組む事業  継 =前年度から引き続き取り組む事業 

1) 市民の「現金収入」を増やす

 かわまちBBQ広場 整備事業 616万4千円

大瀬大橋西側河川敷にバーベキュー広場を 整備し、地元農林水産物の消費拡大やにぎわいの創出につなげる。 

かわまち
▲整備予定地(大瀬大橋西側河川敷)

 乳幼児等医療費助成システム 改修事業 228万3千円

医療助成費

2020年4月から、歯科以外の外来(診療 時間内に限る)の助成対象者を小学校6年生までに拡大するため、既存システムの改修な どを行う。

※ 歯科外来の助成対象者は 今年4月から中学3年生 までに拡大。

 

 クラウドファンディング連携事業 142万7千円

クラウドファンディング

クラウドファンディング事業者と連携し、シンポジウムや市民・団体向けの説明会、ビジネスプランコンテストなどにより、意欲的 な市民活動団体や人材への資金調達の支援を行 い、新たな起業などに結びつける。

 

 集落営農等支援型耕作者確保事業 915万円

集落営農

共同で営農活動を行う営農組織などを対象に、機械の共同利用、経営の多角化、通年雇用、法人化などを 支援し、雇用による耕作者の確保や集落営農法人化の普及を図る。

 

 

 安心安全プラスワン改良事業 1,900万円

幅員が狭く、緊急車両などの通行に支障を きたしている市道を優先的に整備し、交通の安全確保を図る。

プラスワン

 国際イベントを活かした新たな誘客事業 400万2千円

ラグビーワールドカップ2019や東京オリ ンピック・パラリンピックなど国際的な大会の開催を見据え、延岡観光協会ホームペー ジの多言語化、英語版パンフレットの作製、インバウンド受け入れおもてなし講演会な どを行い、外国人観光客の受け入れ強化を図る。

 (仮称)延岡経済リンケージ機構 推進事業 500万円

▲東九州ものづくり交流展の様子
▲東九州ものづくり交流展の様子

地域経済の持続性や成長性を高め、地域の 特性を生かした産業基盤の創出を包括的に支援する「(仮称)延岡経済リンケージ機構」 の設立に向け、フードスタイル2019(福岡市) や東九州ものづくり交流展(延岡市)などの展示会への出展を支援する。

また、出展企業 などへのアドバイスやフォローを行うなど、地元企業の取引拡大に向けた、実践的な取り組みを行う。

 

 地域住民連携型有償運送構築事業 1,401万8千円

コミュニティバス

路線バスやコミュニティバス、乗り合いタ クシーの沿線外などの交通空白地域に住む市民と市が連携して、試験的に有償運送の構築を図る。

また、実施希望団体に対して、地域住民と連携した輸送形態の導入に向けた支援 を行う。

 

2) 市民の暮らしを守る

 産後包括支援事業 1,146万3千円

産後うつの予防や新生児への虐待防止などを図るため、産婦に対する健康診査を産婦人科に委託し、母子に対 する心身のケアや育児 サポートなどの支援を行う。

産後包括事業支援

 なんでも総合相談センター事業 1,348万6千円

「医療・介護・福祉」「子育て・教育」の2 つの分野を中心に、各種相談にワンストップ で対応する「なんでも総合相談センター」を 設置し、切れ目のない支援を行う。

また、庁舎内に子育て世代包括支援センターを開設 し、妊娠期から子育て期にわたる相談を受け付け、育児不安の解消や虐待防止を図る。

 防災ハンドブック作成事業 1,687万円

市民が災害に対する備えと、災害時に迅速かつ安全な避難を行えるよう、各種災害に対する防災ハンドブックを作成し、全戸配布を 行い、市全体の防災力の向上を図る。

防災

 西階公園防災等施設整備事業 1,359万3千円

西階公園に防災拠点となる多目的屋内施設 を整備するための基本設計を行う。

西階公園

⇒ 平成31年度「主要事業」(1~2)



担当課 企画部 経営政策課(政策推進係)
住所 本庁舎6階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-22-7074
FAX 0982-22-7090
メールアドレス keiei@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > 市政情報 > 計画・指針 > 平成31年度「主要事業」(1~2)