ホームへ > くらしの情報 > 健康づくり > 「健康長寿の取り組み」 アンケート調査結果

「健康長寿の取り組み」 アンケート調査結果

掲載日:2018年3月14日

昨年7月に、延岡市健康長寿推進市民会議が実施した「健康長寿の取り組み」アンケート。

今回のアンケート調査で分かったことや、市民の皆さんに特に気をつけてほしいことをお知らせします。

アンケートの概要

実施時期

平成29年7月~8月

対象

18歳以上の市民105,484人

回答数

24,495人(回収率23.2%) 男性10,529人、女性13,262人 不明704人

※アンケート結果は、回答者の年代・性別の偏りを調整した数値となっています。

※アンケートの結果を市のホームページに掲載していますので、ご覧ください。

1回30分以上の運動をしていますか

1回30分以上の運動をしていますか
今回の調査で運動習慣のある人が、6年前に比べ 増加していることが分かりました。

かかりつけ医はいますか

かかりつけ医はいますか
身近に存在して気軽に相談できるかかりつけ医を もつ人が6年前に比べ、増えています。

ロコモティブ・シンドロームを知っていますか

ロコモティブ・シンドロームを知っていますか
約6割の人が、ロコモ ティブ・シンドロームを知っている、または、聞いたことがあると答えま した。
特に60代の人がよく知っているという結 果となっています。

栄養成分表示の塩分量を気にしていますか

栄養成分表示の塩分量を気にしていますか
加工食品を購入する際に、約5割の人が栄養成分表示の塩分量を見ないと回答しました。
栄養成分表示や原材料表示には、大切な情報が記載されており、健康な食生活の助けになります。

地域とのつながり・信頼関係と健康との関係

地域とのつながり・信頼関係と健康との関係
健康に気を付けて行動している、またはどちらかといえば気をつけている人の割合

今回のアンケート結果から、平成23年度の「健康長寿のまちづくり市民運動」を開始する前に比べ、運動習慣のある人やかかりつけ医を持つ人 が増えていることが分かりました。

しかし、男女ともに若い世代の喫煙率が高い(30代男性では40%)ことや、がん検診の受診率が低いことなどの課題も分かりました。

今後も、「1に運動、2に食事、 3にみんなで健診受診」を合言葉に して、アンケート結果をこれからの取り組みに生かすとともに、地域医療を守り、健康長寿のまちを実現するための活動を進めます。

動く-運動でロコモを予防・改善-

ロコモ予防

ロコモティブシンドローム(通称:ロコモ)とは、 足腰の骨や筋肉などの運動器の障がいのため日常生 活の動作に支障がある状態のことです。

ロコモティブ・シンドロームは、高齢者だけではなく、運動のやり過ぎや食べ過ぎによる肥満など、子どもにも見られる問題です。

運動は大切ですが、やりすぎると逆効果です。 適度な運動を意識してロコモティブ・シンドロームの予防・改善を図ることが重要です。

 

 

知る-栄養成分表示などを確認!-

知る

健康に過ごすためには、適切な食生活が欠かせません。

食事の内容を知るため、加工食品を購入する時には、「栄養成分表示」や「原材料表示」を確認 しましょう。

延岡市では、1日の塩分量6グラム未満を目指しています。

また、原材料は、使用量が多い順 から記載するルールとなっています。まずは知るこ とから始めましょう。

 

 

つながる-地域とのつながりが 健康づくりにもつながる-

つながる

今回の調査結果では、地域とのつながりが強い人ほど、健康に気をつけて行動していると回答していました。

さらに、運動習慣がある人、かかりつけ医がいる人の割合も、地域とのつながりが強いと感じている人が多く、地域とのつながりが健康づくりにつながっていることが分かりました。

「自治会活動」や「さんさんクラブ」「子ども会」 などの活動に参加する、近所の人と話す機会を増やす、趣味のサークルに 入るなど、少しずつ機会を増やしてみましょう。

国の研究機関と連携し、健康長寿を推進!

国の研究機関

延岡市は、昨年11月6日に国立循環器病研究センターと「健康長寿の推進に関する包括協定」を締結しました。

その取り組みの一つとして、今年2月から事前に同意を得た人へ、介護予防に関する電話調査を行っています。

今後、さまざまな調査・研究が行われる予定で、その結果を本市の健康長寿のまちづくりに役立ていくこととしています。

皆さんのご理解とご協力をよろしくお願い します。

めざせ健康長寿!inのべおか

健康長寿のまちづくり優良団体等表彰式や受賞者による事例発表、特別講演が行われます。

日時

3月17日㈯13時30分~15時30分

場所

野口記念館(入場無料/申込不要)

<特別講演>

講師

宮崎茂明氏(宮崎大学医学部附属病院技師長)

演題

ロコモティブシンドローム予防・改善のための具体的な運動方法

 

第2回健康長寿のまちづくり優良団体等表彰

 自治区部門学校等部門
最優秀賞 野田町西階台区 恒富小学校
優秀賞 川島町2区 杉の子認定 こども園
八戸区(北川町) くまた保育園

 

健康長寿に関するアンケート結果(詳細)



担当課 健康福祉部 健康長寿のまちづくり課
住所 本庁舎2階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 健康長寿推進係(22-7088)
地域包括ケア推進係(22-7072)
FAX 0982-22-1347
メールアドレス nagaiki@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > くらしの情報 > 健康づくり > 「健康長寿の取り組み」 アンケート調査結果