ホームへ > くらしの情報 > 上下水道 > 水道料金の算定及び下水道使用料の算定について

水道料金の算定及び下水道使用料の算定について

掲載日:2019年11月29日

上下水道料金早見表 (改定後の水道料金を含む)

料金は、各家庭のメーター口径の大きさで異なります。

口径13ミリメートル上下水道料金 (PDFファイル)

口径20ミリメートル上下水道料金 (PDFファイル)

口径25ミリメートル上下水道料金 (PDFファイル)

口径40ミリメートル上下水道料金 (PDFファイル)

口径50ミリメートル上下水道料金 (PDFファイル)

口径75ミリメートル上下水道料金 (PDFファイル)

※消費税10%を含んでおります。

水道料金の算定方法

料金は、各家庭のメーター口径の大きさに応じ、次の表に定める基本料金及び従量料金の合計額に、消費税を加算した金額になります。

改定前の料金(現行の料金表)

平成30年7月1日~(税抜)

メーターの口径基本料金(1月につき)従量料金
基本水量金額
13ミリメートル

5立方メートル以下

628円  
5立方メートルを超え
10立方メートル以下
1,034円 10立方メートルを超える水量について
1立方メートルにつき165円

20ミリメートル

5立方メートル以下 736円
5立方メートルを超え
10立方メートル以下
1,212円
25ミリメートル 10立方メートル以下 1,744円
40ミリメートル   3,806円 1立方メートルにつき165円
50ミリメートル   6,558円
75ミリメートル   13,944円

備考
一般公衆浴場(公衆浴場法施行条例(平成15年宮崎県条例第14号)第2条第1号に規定する一般公衆浴場をいう。)の用に供する水道の従量料金については、当分の間、「165円」とあるのを「110円」とする。この料金の適用を受けようとする者は、市長に届け出て、その承認を受けなければならない。 

↓

改定後の料金(新しい料金表)

令和元年12月1日~ (税抜)

メーターの口径基本料金(1月につき)従量料金
基本水量金額
13ミリメートル 5立方メートル以下 612円 10立方メートルを超える水量について
1立方メートルにつき165円
5立方メートルを超え
10立方メートル以下
1,007円
20ミリメートル 5立方メートル以下 717円
5立方メートルを超え
10立方メートル以下
1,181円
25ミリメートル 10立方メートル以下 1,699円
40ミリメートル   3,709円 1立方メートルにつき165円
50ミリメートル   6,392円
75ミリメートル   13,591円

備考
一般公衆浴場(公衆浴場法施行条例(平成15年宮崎県条例第14号)第2条第1号に規定する一般公衆浴場をいう。)の用に供する水道の従量料金については、当分の間、「165円」とあるのを「110円」とする。この料金の適用を受けようとする者は、市長に届け出て、その承認を受けなければならない。

 

【計算例】(改定後の料金)

[1]メーター口径13ミリメートルの家庭が、1月に4立方メートルの水量を使用した場合

(1) 基本料金  612円(基本水量5立方メートル分)

(2) 従量料金  なし

したがって、水道料金(消費税込)は

                 (1) 612円×1.1 = 673円(1円未満切捨て)

[2]メーター口径13ミリメートルの家庭が、1月に8立方メートルの水量を使用した場合

(1) 基本料金  1,007円(基本水量10立方メートル分)

(2) 従量料金  なし

したがって、水道料金(消費税込)は

                 (1) 1,007円×1.1 = 1,107円(1円未満切捨て)

[3]メーター口径13ミリメートルの家庭が、1月に18立方メートルの水量を使用した場合

(1) 基本料金  1,007円(基本水量10立方メートル分)

(2) 従量料金  使用水量から基本水量(10立方メートル)を引いた水量に165円を乗じた額

(18立方メートル - 10立方メートル)×165円=1,320円

したがって、水道料金(消費税込)は

 ((1) 1,007円 + (2) 1,320円)×1.1 = 2,559円(1円未満切捨て)

下水道使用料の算定方法

使用料は、使用者が排除した汚水の量に応じ、次の表に定める基本料金及び従量料金の合計額に、消費税を加算した金額になります。

(税抜)

汚水の種類基本料金(1月につき)従量料金
排除汚水量金額排除汚水量金額 (1立方メートルにつき)
一般汚水 5立方メートル以下 611円 5立方メートル超~
10立方メートル以下
110円
10立方メートル超~
20立方メートル以下
122円
20立方メートル超~
30立方メートル以下
139円
30立方メートル超~
40立方メートル以下
159円
40立方メートル超~
50立方メートル以下
192円
50立方メートル超~
100立方メートル以下
219円
100立方メートル超~
500立方メートル以下
253円
500立方メートル超~ 289円
その他汚水     100立方メートル以下 76円
100立方メートル超~
500立方メートル以下
101円
500立方メートル超~
1,000立方メートル以下
127円
1,000立方メートル超~ 153円
浴場汚水 10立方メートル以下 1,161円 10立方メートル超~ 35円

備考
(1)一般汚水とは、その他汚水及び浴場汚水以外の汚水で公共下水道に排除するものをいう。
(2)その他汚水とは、冷暖房用水及びこれに類する汚水で公共下水道に排除するものをいう。
(3)浴場汚水とは、公衆浴場方施行条例(宮崎県条例)第2条第1号の一般公衆浴場の汚水で公共下水道に排除するものをいう。

○排除した汚水量(1か月分)の計り方は?

使用形態 一般家庭の排除汚水量 事業所(営業用)の排除汚水量
水道水のみ 水道水の使用水量

水道水の使用水量 (ただし業種により認定基準があります)

地下水(井戸水)のみ 1世帯2人まで10立方メートル、 1人増すごとに5立方メートルを加算した水量

業種別に定めた汚水量の認定基準で算定します

水道水・地下水の併用 水道水と地下水の使用水量の合算 (ただし地下水は20立方メートルを上限) 水道水と地下水の汚水量の合算

【計算例】

一般家庭で1月に18立方メートルの水道水を使用した場合、排除汚水量は18立方メートルとなります。

(1) 基本料金 611円

(2) 従量料金 排除汚水量から基本料金分の汚水量(5立方メートル)を引いた量に、従量段階に応じた金額を

乗じて得た額 (18立方メートル - 5立方メートル)=13立方メートル

従量料金A  5立方メートル×110円 = 550円(5立方メートル超~10立方メートル以下の単価)

従量料金B (13立方メートル - 5立方メートル)×122円 = 976円(10立方メートル超~20立方メートル以下の単価)

従量料金総額  550円(従量量料金A) + 976円(従量料金B) = 1,526円

したがって、下水道使用料(消費税込)は

 ((1) 611円 + (2) 1,526円)×1.1 = 2,350円(1円未満切捨て)



担当課 上下水道局 業務課
住所 上下水道局(882-0812 延岡市本小路77番地1)
電話番号 0982-21-6486
FAX 0982-21-4947
メールアドレス suidoh@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > くらしの情報 > 上下水道 > 水道料金の算定及び下水道使用料の算定について