ホームへ > くらしの情報 > 消費・生活 > 消費者行政に関する首長表明

消費者行政に関する首長表明

掲載日:2019年2月25日

   近年、消費者を取り巻く環境は、サービスの多様化や情報化などに伴い、生活が便利で豊かになる一方、悪質商法や詐欺の手口は、複雑で巧妙になり、若者や高齢者など社会的弱者を狙った悪質商法の被害や契約トラブルは後を絶たない状況です。

   こうした状況に対応するため、延岡市では、消費生活センターを設置し、専門相談員による消費生活に関わる相談の受付のほか、消費者トラブルを未然に防ぐため、広報紙等による情報提供や地域・学校などへの出前講座等による啓発活動に取り組んでおります。

   また延岡市では、医療・介護・福祉の分野や子育て・教育の分野が中心となりますが、「365日駆け込み寺」とでも言えるような「何でも総合相談センター」の設立に向け取り組んでおり、今後、消費生活センターをはじめ各種相談機関等と緊密に連携して、市民の皆様が安全で安心して暮らせる延岡市づくりを進める決意です。

   このような点も含め、これからもいつでも気軽に相談できる身近な消費生活相談体制を維持し、より一層の消費者行政の充実・強化を図ってまいります。

平成31年2月
延岡市長 読谷山 洋司



担当課 企画部 男女共同参画推進室
住所 延岡市男女共同参画センター(882-0816 延岡市桜小路360番地2)
電話番号 0982-22-7056
FAX 0982-23-1145
メールアドレス danjo@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > くらしの情報 > 消費・生活 > 消費者行政に関する首長表明