ホームへ > 延岡市防災・災害 > 防災・災害(Disaster-Prevention)

防災・災害(Disaster-Prevention)

1.指定緊急避難場所(災害種別毎)

(1)指定緊急避難場所と指定避難所の分類について

災害対策基本法の改正に基づき、一時避難場所を「指定緊急避難場所」、長期避難所を「指定避難所」と明確に区分しました。

◯指定緊急避難所とは

切迫した災害の危険から命を守るために避難する場所として、あらかじめ市町村が指定した施設・場所

◯指定避難場所とは

災害により住宅を失った場合等において、一定期間避難生活をする場所として、あらかじめ市町村が指定した施設

(2)災害種別の指定緊急避難場所

市では災害種別の指定緊急避難場所を下記のとおり指定しています。

◯風水害・土砂災害(台風や大雨など)の指定緊急避難場所

【南浦/東海/岡富/川中/南方/恒富/伊形/北方/北浦/北川】

◯地震・火災の指定緊急避難場所

【地震発生時の指定緊急避難場所一覧】

◯津波の指定緊急避難場所

【津波発生時の指定緊急避難場所一覧】

2.各種ハザードマップ

災害種別毎にハザードマップを作製しておりますので、ご確認ください。

  1. 洪水ハザードマップ
  2. 土砂災害ハザードマップ
  3. 津波ハザードマップ

3.気象情報を基に市が発信する避難情報と住民の避難行動

(1)避難とは

自然災害に対しては、自らの判断で自らの命を守るための行動をとることが原則です。従いまして、避難勧告などが発令されていなくても、「自分の命は自分で守る」という意識を持って、身の危険を感じたら迷わず自主的に避難することが大切です。

pdf 台風・大雨等における避難情報と避難行動のフロー図

pdf 土砂災害における避難情報と避難行動のフロー図

pdf 津波災害における避難情報と避難行動のフロー図

(2)住民の基本的な避難行動の解説

1.自主避難

親戚宅や友人宅などの安全な場所へ事前に自主的に避難行動を行うこと。

2.立ち退き避難

指定緊急避難場所や安全な場所へ移動する避難行動を行うこと。

3.垂直避難

屋内の2階以上の安全を確保できる高さに移動すること。

4.屋内安全確保および退避

屋内に留まることによる安全確保や、自宅などの居場所や安全を確保できる場所に留まる行動を行うこと。

4.災害時における延岡市からの情報発信手段

(1)災害情報メール

メールアドレスを登録しておくことで、市が配信する災害時に役立つ情報をメールで受け取ることができます。(登録料は無料ですが、メール受信に伴う通信料は必要となります。)

⇒ 災害情報メールの登録方法

(2)緊急速報メール

NTTドコモ、au、ソフトバンクの携帯電話へ強制的に緊急的な避難情報などを配信します。(対応携帯電話のみ受信します。受信費用は一切発生しません。)

(3)ホームページ

災害警戒本部を設置した場合に、延岡市のホームページのTOP画面や、延岡市公式フェイスブックで、最新情報を迅速に掲載します。

なお、災害警戒本部が設置されるのは、市域に局地的または広範囲にわたる災害が発生することが予想される場合です。

(4)ラジオ、ケーブルテレビ

台風などの災害時に、市から提供する避難勧告などの緊急情報を、ラジオ(FMのべおか:88.6MHz)や、ケーブルテレビ(ケーブルメディアワイワイ:111ch)で発信します。

(5)広報車

被害が起きる可能性が高い危険区域に出向き、直接避難を呼びかけます。

(6)市政連絡員などへの避難情報提供

避難情報を対象地域や対象河川沿いの市政連絡員に「緊急一斉通報システム」で電話連絡を行います。

北方町、北浦町、北川町については、防災無線でお知らせします。

(7)災害時の情報伝達の内容

⇒ 情報伝達の内容

ホームへ > 延岡市防災・災害