ホームへ > 学びの情報 > 文化活動 > 第17回若山牧水青春短歌大賞 佳作入選作品

第17回若山牧水青春短歌大賞 佳作入選作品

> 第17回若山牧水青春短歌大賞

佳作入選作品(小学生の部)

番号佳作入選作品氏名都道府県市町村学校名学年
1 木の上ででっぷり太ったドングリは雨といっしょに地面ではねる 藤森 深生 長野県 塩尻市 塩尻市立広丘小学校 6
2 キノコバエ学校内にすごくいてじゅ業がすごくおくれていくよ 平林 誠純 岐阜県 恵那市 恵那市立 串原小学校 6
3 川の中ゆらりゆらめく小さな藻ひとつひとつの小さな波紋 岡田 美欧 静岡県 静岡市 静岡市立 城北小学校 6
4 公園でセミの抜けがらくん章にトラにまたがり騎士に変身 松井 宏志郎 愛知県 名古屋市 名古屋市立 八事東小学校 4
5 テーマなしそれが一番難しいテーマがあると作りやすいな 吉田 修梧 鳥取県 鳥取市 鳥取市立 美和小学校 6
6 トウシューズ気持ちつま先ややかため早くぶたいでおどってみたい 永安 朋楓 福岡県 筑紫野市 筑紫野市立 筑紫東小学校 4
7 夕だちが過ぎた後は水たまりケンケンポンでポストまで行く 松﨑 有咲 福岡県 筑紫野市 筑紫野市立 筑紫東小学校 6
8 今日の昼はいつもとちがう雨上がりで青い空を見るときれいなにじだ 百﨑 智輝 佐賀県 江北町 杵島郡江北町立江北小学校 5
9 もう少しいっしょにいたい人なのに私の気持ち知ってもらえず 鷲頭 歩夢 大分県 別府市 別府市立 南立石小学校 6
10 この木にもせみのぬけがらついているなつのそらへとたびにでたのか 山口 祐一郎 鹿児島県 伊佐市 伊佐市立 菱刈小学校 3
11 台風は遠い所にあるけれど雲波木々ははげしくおどる 山田 優愛 鹿児島県 西之表市 西之表市立 安納小学校 4
12 十五やでまんげつの下あるいてくみんなみんなで月をながめる 井上 なずな 鹿児島県 薩摩郡さつま町 薩摩郡さつま町立永野小学校 2
13 おかあさん三人きょうだいそだててるおこっているけどたのしそう 橋野 真凛 鹿児島県 肝属郡肝付町 肝属郡肝付町立 内之浦小学校 2
14 青い海かえるおよぎに犬およぎはなに水が入ってもないたりわらったり 玉置 千紘 鹿児島県 肝属郡肝付町 肝属郡肝付町立 内之浦小学校 2
15 さかあがりママとやくそくしてたんだまめができたて七さいのなつ 鈴 智成 宮崎県 宮崎市 宮崎大学教育学部附属小学校 1
16 おじいちゃんあそんでくれてありがとう元気でいてねぼくを見ててね 端迫 義也 宮崎県 宮崎市 宮崎大学教育学部附属小学校 1
17 しんにょうの最後のはねに気持ちこめ見つめる先は筆の毛の先 増田 潤人 宮崎県 宮崎市 宮崎大学教育学部附属小学校 5
18 コンクールかなでる曲といったいかしろくろのうえでおどりきる指 和田 ありさ 宮崎県 宮崎市 宮崎大学教育学部附属小学校 5
19 標高が八六八の干支の町霧のあいだを走りぬける 遠山 菜々香 宮崎県 宮崎市 宮崎大学教育学部附属小学校 5
20 ごしきまいいねかりしたよぎざぎざのかまをつかってがんばりました 後藤 颯介 宮崎県 日向市 日向市立 坪谷小学校 1
21 でっかくてくろくひかったほうせきはぼくがそだてたひらたくわがた 井上 十兵衛 宮崎県 児湯郡高鍋町 高鍋町立 高鍋東小学校 1
22 夏の海きらきら光る水面がビーズをたくさんちりばめたよう 児島 光 宮崎県 延岡市 延岡市立 北川小学校 4
23 やっとでたどんどんでてこいまえばさんわらったかおもかわいくなるよ 佐藤 可菜 宮崎県 延岡市 延岡市立 黒岩小学校 1
24 雨の日も晴れのときにもなくんだな一週間はミンミンと 梶本 倖登 宮崎県 延岡市 延岡市立 黒岩小学校 3
25 夏の猫車の下でねてるのに飼ってる猫はジロジロ見てる 中村 琴音 宮崎県 延岡市 延岡市立 西小学校 6
26 ギンヤンマ池のまわりでとんでいるつかまえるのはとてもむずかしい 門村 悠生 宮崎県 延岡市 延岡市立 南小学校 2
27 病床で計温されて朝を知るあの子に会いたいラジオ体操 三谷 乃愛 宮崎県 延岡市 延岡市立 岡富小学校 6
28 紙飛行機空高くまで飛ばすんだ紙になる前の母の木の上 宇戸田 楓花 宮崎県 延岡市 延岡市立 北浦小学校 4

佳作入選作品(中学生の部)

番号佳作入選作品氏名都道府県市町村学校名学年
1 背伸びして届かなかったカレー鍋今では届く台も使わず 大澤 穂蓮 青森県 むつ市 むつ市立 むつ中学校 1
2 可愛いと言われるよりも言われたいお母さんによく似ているわ 白戸 陽渚 青森県 むつ市 むつ市立 むつ中学校 1
3 イギリスの田舎に行って分かったよ牧歌的という言葉の意味が 細谷 美月 東京都 新宿区 学習院女子中等科 3
4 前髪を切りすぎいつも隠してた前も同じことあった気がする 佐藤 歌奈子 東京都 八王子市 八王子市立陵南中学校 2
5 向日葵が大きく伸びた夏の空花が開けば夏は明るし 今井 美月 東京都 東村山市 東村山市立東村山第六中学校 2
6 好奇心虫かご持って森へ行く石ころ一つにぎって帰る 菅原 莉彩 東京都 東村山市 東村山市立東村山第六中学校 2
7 バーベキュー虫がよく鳴く闇の中炎で顔が照らしだされる 大木場 優菜 東京都 東村山市 東村山市立東村山第六中学校 2
8 異常な気候が多い最近は迷いがあった自分に似ている 佐藤 優羽 東京都 調布市 明治大学付属明治中学校 3
9 緑ペン赤したじきを使っても光当たるとうっすら見える 岡 航 東京都 調布市 明治大学付属明治中学校 3
10 なぜだろう「一人になりたい」と思ったのにこんなに静かでこんなに広い 櫻井 穂花 東京都 調布市 明治大学付属明治中学校 3
11 15歳もっと大人だと思ってた20歳とかでもそうなんだろう 竹内 文乃 東京都 調布市 明治大学付属明治中学校 3
12 流れ星お願いしたらかなったよ私のとなりでダリアが咲いた 倉金 由佳 神奈川県 川崎市 洗足学園中学校 2
13 消しカスはみんなにじゃまと言われてもまだ消せるのにと思ってるだろう 朝喜 恵梨佳 神奈川県 川崎市 洗足学園中学校 2
14 ドリンクを補給しながら見る試合出たい自分と見たい自分と 水野 光起 岐阜県 瑞穂市 瑞穂市立穂積中学校 2
15 たいくつな日々をこわしたできごとの初めと終わりあなたの言葉 春田 心平 愛知県 名古屋市 名古屋市立 千種台中学校 2
16 腑に落ちない思いが胸に込み上げるそれでも今日もバイオリンを弾く 寺島 あみ 愛知県 名古屋市 私立椙山女学園中学校 2
17 夏休み初めて作ったハンバーグ兄の感想「花火の味だ」と 梶浦 はんな 愛知県 稲沢市 稲沢市立明治中学校 1
18 金魚とか犬の気持ちは分かるのに女子の心はさっぱり解らん 橘 結樹 愛知県 稲沢市 稲沢市立明治中学校 1
19 七夕に願いをこめたたんざくをささのかわりにアボカドにつるす 永井 まな帆 愛知県 豊橋市 豊橋市立東部中学校 2
20 水の中バタ足すればたくさんの小さな泡が体くすぐる 中田 早紀 愛知県 豊橋市 豊橋市立東部中学校 2
21 柔道で倒れこんでたあの時にラズベリーのにおいがしたよ 今泉 葵 愛知県 豊橋市 豊橋市立東部中学校 2
22 読み続け手が止まらずに困りはていつかは本がおわってしまう 山田 侑奈 愛知県 豊橋市 豊橋市立東部中学校 2
23 夕焼けは夏を感じる空の色風が吹くとき夏だとわかる 村松 葵雲 愛知県 豊橋市 豊橋市立東部中学校 2
24 ああ遠い私を呼ぶその父の声遠い想い出昨日に思えて 永井 里奈 愛知県 豊橋市 豊橋市立東部中学校 2
25 話題なしちんもくがつづきふと思う気まずくないのはあなたのときだけ 髙橋 真雪 三重県 四日市市 四日市市立富洲原中学校 2
26 なんでだよなんで勝手に動くのだ線の上では止まれよ点P 井上 理 京都府 長岡京市 立命館中学校 2
27 気が付けばいつも隣にいる君はあの頃はまだ苦手なあの子 長岩 紗千 京都府 長岡京市 立命館中学校 2
28 音がするかんからかんと音がする残りひとつの大事なドロップ 服部 美優 大阪府 大阪市 大阪市立城陽中学校 2
29 夏休み終えて久々皆の顔歯と目の白がやたらめだって 山本 優 大阪府 大阪市 大阪市立緑中学校 2
30 ありがとう笑顔のうらの気持ちまでわかってくれないキミがキライ 山口 歩乃佳 大阪府 守口市 樟風中学校 2
31 真っ暗で何も見えない糸数壕しずくの音だけひびいてる 岩野 李実花 徳島県 那賀郡那賀町 那賀町立 相生中学校 2
32 病院で沈んだ私をじっと見るぷくぷくふくれたつばめが三羽 中川 栞萌 愛媛県 八幡浜市 八幡浜市立 八代中学校 2
33 手をひろげ待ちわびているみどりの子さわさわとうれしい夏の水まき 香山 礼美 福岡県 福岡市 福岡教育大学附属福岡中学校 2
34 ベタベタとノートのページが腕につきやる気がおきない夏の日の授業 樋口 翔也 福岡県 久留米市 久留米市立青陵中学校 3
35 金魚鉢泳ぐ魚に目が留まる泡の短歌で我を詠んだか 本田 尚大 福岡県 春日市 春日市立春日東中学校 2
36 日曜日平和なときに鳴くはとがなきやんだときかなしく感じる 稗田 千浩 福岡県 柳川市 柳川市立蒲池中学校 2
37 暗闇の中をきりさき行く猫よ君も一人か目を光らせて 平城 佑 福岡県 小郡市 小郡市立大原中学校 3
38 自分よりあなたが私を知っているそれが不思議でたまらない 井﨑 紅葉 佐賀県 佐賀市 佐賀市立城北中学校 2
39 雨ふってやんだ後のこのにおい私は少し好きなんだよね 溝口 茜 佐賀県 佐賀市 佐賀市立城北中学校 2
40 部活後にアイスの袋開けるとき十三回目の夏が始まる 福島 李 佐賀県 佐賀市 佐賀市立城北中学校 1
41 九日の十一時になるサイレンが遠くに響く夏の青空 渡辺 紀斗 長崎県 佐世保市 佐世保市立 東明中学校 2
42 汗ばんだ私の指が無意識にホルンをなでてコンクール始まる 井上 彩 長崎県 佐世保市 佐世保市立早岐中学校 2
43 夏の日の夕日の光にさそわれて気付けば本の世界に入る 渡邊 大雅 鹿児島県 肝属郡肝付町 鹿児島県立 楠隼中学校 2
44 大好きなテイラーの曲口ずさみ学校前の信号をまつ 小林 梨乃 鹿児島県 鹿児島市 鹿児島市立長田中学校 1
45 放課後にこっそり座る君の席君の世界をのぞいてみたくて 坂 珠李 鹿児島県 鹿児島市 鹿児島市立西紫原中学校 1
46 だれよりも早く来ようと思ったがすでにボールのはねる音する 今村 史穏 鹿児島県 鹿児島市 鹿児島市立西紫原中学校 2
47 ネコとネコ仲がいいのかわるいのかまるで私とあなたのようだ 瀬戸 綾乃 鹿児島県 姶良市 姶良市帖佐中学校 2
48 「ご」と打てばごめんなさいと出る時代心のこもる言葉はどこへ 川嶋 真明 鹿児島県 姶良市 姶良市帖佐中学校 2
49 真夏日のサッカーボールにこびりつく草の匂いに落ちつく心 園田 優太 鹿児島県 日置市 日置市立東市来中学校 2
50 暑い日はすごく冷たいサイダーの泡がはじける音がききたい 茂木 蘭 鹿児島県 霧島市 霧島市立隼人中学校 2
51 「なつみかん」みんなによばれてふりかえり私のなまえは「なつみ」なんです 大工 夏海 鹿児島県 霧島市 霧島市立隼人中学校 3
52 あもり川ルアーをおよがせねらうのは六十オーバーアメリカナマズ 濵田 航平 鹿児島県 霧島市 霧島市立国分南中学校 2
53 ふうりんがチリンチリンと音を立てそれを静かに聞いているだけ 南 雅也 鹿児島県 姶良市 姶良市立重富中学校 1
54 夏休みつかれてぼーっとしていたらしょうじに一つあなあけちゃった 宮原 治 鹿児島県 姶良市 姶良市立重富中学校 1
55 水面に白く光った満月をオタマジャクシが波に溶かした 鮫島 一心 鹿児島県 姶良市 姶良市立重富中学校 1
56 ドロップの一粒ずつを味わってやっと出てきた大好きな味 指宿 菜美 鹿児島県 姶良市 姶良市立重富中学校 3
57 今日こそはきれいに開けるヨーグルト全ての力指先に込め 福田 夢 鹿児島県 鹿児島市 鹿児島市立星峯中学校 2
58 夏思うなびく緑の穂先から手前は濃くて奥は薄くて 坂元 真舟 鹿児島県 鹿児島市 池田中学校 3
59 まどみると木々がなびいたこのいっしゅんだれもみてないぼくだけのもの 山本 悠斗 鹿児島県 日置市 日置市立伊集院中学校 2
60 夏の海溜まり水にはあざやかな銀の子魚遊びに来てる 堂薗 愛 鹿児島県 南九州市 南九州市立川辺中学校 2
61 屋上で寝っ転がって足上げたくつ下焼けを笑う青空 親富祖 日利 沖縄県 那覇市 那覇市立石嶺中学校 3
62 狭い車道左の白線踏みながら田んぼの風を身体に浴びる 安仁屋 伊央 沖縄県 宜野湾市 宜野湾市立真志喜中学校 3
63 雨がふる一粒一粒雨なんだ見方かえれば輝くだろう 田爪 仁 宮崎県 児湯郡西米良村 児湯郡西米良村立西米良中学校 1
64 青光り大きな心をあけながらどこかさみしい梅雨前の空 蔵満 靖葉 宮崎県 都城市 都城市立 姫城中学校 2
65 病院の帰りの空に鳳凰雲見つけて膨らむ完治の予感 嵐 真侑子 宮崎県 宮崎市 鵬翔中学校 3
66 休んだら感覚もどらずあせりだす今の僕にないのは余裕 杉田 恭一 宮崎県 宮崎市 宮崎大学教育学部附属中学校 2
67 僕はただ君のことだけ見てるけど君から見れば友達の友達 永野 皓大 宮崎県 宮崎市 宮崎大学教育学部附属中学校 2
68 授業中いつも寝ているあの人は部活になると別人のよう 木田 真樹 宮崎県 延岡市 延岡市立東海中学校 2
69 ふと夜空見上げる月は不完全地上の私は未完のままで 黒木 ひなた 宮崎県 延岡市 聖心ウルスラ学園聡明中学校 3
70 まくら投げ投げるというよりたたいてた一つの部屋に笑顔がたくさん 嬉野 啓介 宮崎県 延岡市 延岡市立岡富中学校 2

佳作入選作品(高校生の部)

番号佳作入選作品氏名都道府県市町村学校名学年
1 三つ編みをして解いて三つ編みして恋はこうやってできてゆくの 作山 有希 岩手県 紫波郡紫波町 岩手県立盛岡第一高校 3
2 捩花の螺旋階段攀じ登る蟻の五体の動きの不思議       竹本 竣哉 茨城県 結城市 茨城県立結城第二高等学校 3年18歳
3 文月の八日の日記に転記せり未送信なる君へのメール 高橋 希実 茨城県 結城市 茨城県立結城第二高等学校 2年17歳
4 透明が得意な君はどこまでも心でさえも演技をするの 栗原 果凜 埼玉県 入間市 盈進学園東野高等学校 3
5 蝉の音と風鈴の音とペンの音まだ見ぬ明日に呑み込まれまい 穴山 友梨 東京都 新宿区 学習院女子高等科 1
6 夏蜜柑疲れた心にしみわたるすっぱいくらいが今は嬉しい 内田 めぐみ 東京都 新宿区 学習院女子高等科 2
7 綿菓子のあなたとわたし木苺のまま再び前へ歩きはじめる 神崎 朱里 東京都 練馬区 女子学院高等学校 1
8 夏の夕寄り添う二人はさくらんぼただみる僕は夢みる覇王樹 木村 奏人 神奈川県 横浜市 サレジオ学院 高等学校 1
9 立ち止まる今まで通り友達の一人としてでもいいんじゃないかと 山本 隆介 神奈川県 横浜市 サレジオ学院 高等学校 1
10 発表会君が弾いたあの曲の楽譜を買って練習始める 倉地 博之 神奈川県 横浜市 サレジオ学院 高等学校 1
11 わからない何ができるかどうなるか枠をはみ出て思いめぐらす 高橋 遥奈 神奈川県 藤沢市 聖園女学院高等学校 2
12 教室の端で弁当食べているぼくはくらげのような存在 若林 哲哉 石川県 金沢市 石川県立金沢錦丘高等学校 3
13 ひからびた蛙に水をかけてやり男子児童が走り去ってく 小室 紗穂 長野県 飯田市 飯田女子高等学校 1
14 金箔で綺麗に隠してしまった真っ黒な所を誰も知らない 森 夢加 岐阜県 飛騨市 岐阜県立飛騨神岡高等学校 3
15 どんな言葉を並べてみても違う気がして今日もまた夜が明ける 小木曽 都 岐阜県 飛騨市 岐阜県立飛騨神岡高等学校 1
16 じゃがりこをもらって始まるかけ引きは負けっぱなしの恋心です 井原 千恵理 愛知県 額田郡幸田町 愛知県立幸田高等学校 2
17 もう一度見たいと願うも叶わない田んぼの中で笑う先生 舩津 美佑 三重県 津市 三重県立津高等学校 1
18 顧問の言葉は少し無理がある太れと言われ走れと言われ 佐伯 龍一 三重県 津市 三重県立津高等学校 1
19 君の名は聴いた時から感じてたいつしか君に出逢えることを 宮内 天斗 大阪府 富田林市 大阪府立金剛高等学校 1
20 この夏に終りなどない僕達が夏と思えば夏なのだから 峯本 竜希 大阪府 富田林市 大阪府立金剛高等学校 1
21 チコリーと隣のあの子が言ってから毎日チコリー仲良しチコリー 木脇 千穂 大阪府 富田林市 大阪府立金剛高等学校 1
22 いつまでも心にとどまるあの人は字を丁寧に書く人だった 小谷 萌子 鳥取県 八頭町 鳥取県立八頭高等学校 2
23 「好きです」と伝える勇気持てなくて「月がきれい」とだけ言っておく 日隈 嵩介 福岡県 久留米市 福岡県立明善高等学校 3
24 黒板がどんどんどんどん白くなり拒絶反応起こし寝る僕 西園 弘太 鹿児島県 熊毛郡中種子町 県立種子島中央高等学校 2
25 面談後入道雲を眺めやる何をどうすればいいというのだ 小濵 茉那 鹿児島県 姶良市 鹿児島県立加治木高等学校 2
26 君の濃度中和滴定はかりとる自分の濃度分からないまま 中西 果歩 鹿児島県 姶良市 鹿児島県立加治木高等学校 2
27 無意識に口ずさむ歌なんでだろああこれは君の好きな歌 村富 令奈 宮崎県 日南市 日南振徳高等学校 1
28 一年で君はいくつも変わったね「変わらないよ」と笑った顔も 坂元 悠木子 宮崎県 都城市 都城聖ドミニコ学園高等学校 3
29 はちみつとホットケーキの組み合わせ悪くないけどおいしんだけど 金子 颯太郎 宮崎県 宮崎市 宮崎県立宮崎西高等学校 1
30 じいちゃんの目を見てひたすら聞くけれど「ちんがら」分からずただただ笑顔 福田 日邑李 宮崎県 宮崎市 宮崎県立宮崎西高等学校 1
31 席のくじ引きつつ祈るあの人の隣ではなく後ろよ当たれ 鋤本 智也 宮崎県 宮崎市 宮崎県立宮崎西高等学校 1
32 面をとり顔をあわせて笑い合うどちらの顔もアップルパイ 甲斐 文菜 宮崎県 宮崎市 宮崎県立宮崎西高等学校 1
33 ああ緑深緑と新緑と翠色これが西米良ここが西米良 井上 暁葉 宮崎県 宮崎市 宮崎県立宮崎西高等学校 2
34 なぜだろう新チームになり気が重い先輩よりも後輩がこわい 髙岡 健太 宮崎県 宮崎市 宮崎県立宮崎西高等学校 2
35 あの歌を聴かなくなって二年半やっと気づいたその歌詞の意味 毛利 文乃 宮崎県 宮崎市 宮崎県立宮崎西高等学校 2
36 寒いけどもう少しだけ着ていたいもう着ることのない夏の制服 山﨑 梨央 宮崎県 宮崎市 宮崎県立宮崎南高等学校 3
37 夕焼けと吹奏楽部のチューニング私のいちばん好きな時間 山田 菜央 宮崎県 延岡市 県立延岡高等学校 2
38 カフェオレがいつも置かれる机上を見つめてるだけ未然形 松永 理緒 宮崎県 延岡市 県立延岡高等学校 2
39 となりみてあなたのいない毎日がいたく心を苦しめるのだ 山内 実紗 宮崎県 延岡市 県立延岡高等学校 2
40 カップルがたくさん増えていとをかし伊勢物語の影響ですか 岩本 渓吾 宮崎県 延岡市 県立延岡高等学校 2
41 バカにして信じてなかった神様に本気で祈った高3の冬 富山 敦史 宮崎県 延岡市 県立延岡高等学校 3
42 あなた見てときめく私は動点 P 解き終わるのはまだまだ先ね 柏田 朋華 宮崎県 延岡市 宮崎県立延岡工業高等学校 3
43 ふくちゃんはメスと言われて飼ってたけど謝られましたふくくんでした 新田 夏美 宮崎県 延岡市 宮崎県立延岡工業高等学校 3
44 私には必ず言われることがあるそれが友とのはじめの一歩 河内 海斗 宮崎県 延岡市 宮崎県立延岡工業高等学校 3
45 周りには混合物がいっぱいだいつまで僕は単体なんだ 金丸 優大 宮崎県 延岡市 宮崎県立延岡工業高等学校 3
46 恋のうた詠むよな奴ではなかったが・・・自分の変化にいたく驚嘆 森迫 資旺 宮崎県 延岡市 尚学館高等部 1
47 降り積もる雪に足跡残すように初めて名前を書く図書カード 灘 綾乃 宮崎県 延岡市 尚学館高等部 1

佳作入選作品(一般、大学・短大・専門学校生の部)

番号佳作入選作品氏名都道府県市町村学校名等
1 青春という言葉さえ嫌ってた日々は確かに青春だった 叶 昌彦 宮城県 仙台市  
2 ういっすとアンディモリのこと話しただけじゃまだ何か足りない 高須 翔 茨城県 行方市  
3 野アザミの柄の浴衣がうれしくて下駄を鳴らした小三の夏 小山 幸子  茨城県 古河市  
4 追うことも泣きすがることもしないまま終わりたるかなキャンパスの恋    関根 道子  茨城県 古河市  
5 昨日とはちょっぴり違う今日があるつつじが少し色褪せるとか  三津山 智香 茨城県 つくば市  
6 むつかしく言いたがるのは君のくせ失業したと言えばいいのに 滝 慧 東京都 杉並区  
7 夢の中で、髪のきれいな吉田さんのことを「きみ」と呼んでいた。夏。 長沼 弘子 東京都 大田区  
8 だいだいの列車に揺られ熟れてゆくひなたの国のあなたを思う 真篠 未成 東京都 小平市  
9 よかったね谷っちなんて言う君にひかりのような瞬きをする 谷村 行海 東京都 豊島区 早稲田大学
10 Caca(カッカ)とは娘に教えたスペイン語そとでウンチと言わないように 臼井 慶子 神奈川県 横浜市  
11 寂しさは右の側より寄せてくるたとえば肩を抱かれた時の 石尾 愛子 神奈川県 秦野市  
12 霧穿つ・ハイマツ波打つ・草なびく 風の強弱眼に覚えおく 栁川 維 神奈川県 秦野市  
13 「本当はほんの少しは積もるのよ」 尾鈴のやまのてっぺんがしろく 多宇由 いなき 神奈川県 藤沢市  
14 人生のふとした一瞬君想う君はそうでもないのだろうが 山田 研人 神奈川県 平塚市  
15 くそまじめ好き合ひながらひとよさを唇もふれず兵となりたり 鈴木 進市 愛知県 小牧市  
16 電線にずらりと並ぶあかとんぼ空を着替えるためのファスナー 小山 肇美 三重県 松坂市  
17 新婚のちひさき部屋の錆しドア菜の花いろのペンキを塗りき 渡辺 美穂子 兵庫県 神戸市  
18 仏壇の奥から取り出し兄という軍服学徒と手書きの公報 大塚 高史 兵庫県 姫路市  
19 十五夜の光に心透かされて殴りたき友一人浮かび来 山本 みさよ 兵庫県 神戸市  
20 短歌などただの愚痴だと言うけれど歴史に残る素晴らしい愚痴 白倉 弘幹 和歌山県 有田郡有田川町  
21 桜色のセーターだけがくっきりと記憶に残る夢で見た君 井上 純 岡山県 岡山市 就実大学 4年
22 納屋の隅に土にぬれたる鍬をかけ祖父の肩には手ぬぐひなびく 越智 祥多 岡山県 岡山市 就実大学 3年
23 階段をかけのぼりゆく教室のひとつとばした隣に座る 長濵 太一朗 岡山県 岡山市 就実大学 3年
24 うつむいた僕を励ます日日草明日のゼミのレジュメを打ち込む 河本 宙海 岡山県 岡山市 就実大学 2年
25 声劇部入部してより早一年「お茶立ちょ茶立ちょ」をまだ言い切れない 難波 竜平 岡山県 岡山市 就実大学 2年
26 雨蛙がぴちっと我が家の玄関に三ッ指をつき入らむとする 三村 陽香 岡山県 岡山市 就実大学 2年
27 眠らないテレビはいつも大らかな友人のように付き合ってくれ 亀田 邦彦 福岡県 北九州市  
28 さびしいという概念はないのだと冷えた右手を握りつつ知る 金沢 諒和 大分県 大分市  
29 ベランダのレモングラスが咲いたから白い便箋選んで君に 柴田 麻衣 宮崎県 日南市  
30 コンビニのオニギリフィルム剥がすのも孤独の数だけ上手くなってる 甲斐 一成 宮崎県 延岡市  
31 巣づくりの許可得るようにわらしべの置かれてありぬ玄関の先 今村 公子 宮崎県 延岡市  
32 棒グラフ伸びてくように階段をボーダーを着た少年ら行く 長谷川 聡子 宮崎県 延岡市 尚学館中学校 教諭
33 青空はレイリー散乱のおかげだと語る自分のしたり顔恥ず 古川 久師 宮崎県 延岡市  



担当課 教育委員会 文化課
住所 内藤記念館 (882-0822 延岡市南町2丁目1番地8)
電話番号 0982-22-7047
FAX 0982-34-6438
メールアドレス bunka@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > 学びの情報 > 文化活動 > 第17回若山牧水青春短歌大賞 佳作入選作品