ホームへ > くらしの情報 > まちづくり > 4.中心市街地(駅まちエリア)のまちづくりについて

4.中心市街地(駅まちエリア)のまちづくりについて

延岡駅周辺整備基本計画について

駅まちエリアのまちづくりは、住んでいる人、まちを歩いている人、仕事をしている人など、みんなが楽しくなるまち、多くの人が訪れたくなるまちを目指しています。

そのためには、基本計画に基づき「魅力ある商店街づくり」「まちなか居住の推進」「活動のための環境づくり」などの取組を進めていきます。

このことにより、駅まちエリアの賑わいの拠点となる「複合施設」からの回遊性を高めたり、買い物や飲食を目的に、また、公共交通の利用者が訪れるなど、駅まちエリア全体への賑わいの創出につなげていきます。

中心市街地の目指す姿

  賑わいの拠点となる「複合施設」からの人の回遊はもちろん、駅まちエリア内で「働いている人」「住んでいる人」「商売している人」「活動している人」、駅まちエリアに買い物や飲食、また公共交通を利用して「訪れる人」などみんなが楽しくなるまちを目指しています。

(1)商業の再生

(2)市民活動の展開

  • 市民活動の取組
    駅まちエリアで行われる様々な市民活動を「ノベオカノマド」と称し、空き店舗等を活用したまちなかでの市民活動を展開することで、その活動を通じた新たなコミュニティの形成を図り、居住者や商業者と一体となったまちの活力の創出を目指しています。また、定期的な市民活動の発表の場として、平成28年3月から商店街等と一体となって「ノベオカノマドフェス」を開催しています.。 
    「ノベオカノマド」には、次の2つの意味が込められています。
    【1】延岡の窓口として駅前エリアに賑わいが生まれること
    【2】色々な時間・場所でノマド(遊牧民)的に活動を展開していくこと
  •   「ありがとう延岡駅」イベント開催(平成27年12月)

(3)まちなか居住の推進

  • 大学生のまちなか居住推進

大学生のまちなか居住を推進することで、住民、商店街等との触れ合いや地域活動への参加による人間性豊かな学生の育成と、地域全体での学生見守りによる安心・安全な学生生活を支援し、併せて、駅まちエリアの活力、賑わいの創出を図ります。

成28年度は、駅まちエリアマネジメント委員会により、学生のニーズ調査、居住誘導に必要な支援策等の検討を行っています。

(4)街並み景観の整備

まちなか居住の推進、テナントミックス、市民活動の展開等の各種施策で必要となる不動産の活用に関して、不動産の所有と利用の区分の概念を取り入れ、また、遊休不動産のリノベーションによる活用を原則として、各種施策を推進します。

その際、エリア全体として魅力的な街並み景観の形成を図るため、延岡駅周辺整備事業における各施設のデザインとの調和を図りながら、リノベーションを推進することとしています。

  • 延岡駅西口街区の再開発の推進

延岡駅周辺整備と併せた民間主導による延岡駅西口街区の再開発を推進しています。平成28年度は、まちづり会社が主体となり、街区整備の基本構想の策定に取り組んでいます。



担当課 商工観光部 商業・駅まち振興課
住所 本庁舎3階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-34-7841
0982-22-7350
FAX 0982-22-7080
メールアドレス chukatu@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > くらしの情報 > まちづくり > 4.中心市街地(駅まちエリア)のまちづくりについて