ホームへ > くらしの情報 > 国民健康保険 > 高額療養費制度による限度額適用認定証

高額療養費制度による限度額適用認定証

 保険給付(高額療養費制度・出産育児一時金など)

高額療養費制度による限度額適用認定証

 入院や外来で自己負担額が高額となる場合は、あらかじめ国民健康保険課にて「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けてください。

 限度額適用認定証、限度額適用・標準負担額減額認定証を保険証と共に医療機関窓口に提示していただくことで、一医療機関ごとの窓口での支払いが自己負担限度額までとなります。

 ただし、入院の食事代や差額ベッド代などの保険適用とならない費用は高額療養費の計算対象には含まれません。

 高額療養費の支給(詳細)

※注意
国民健康保険被保険者資格証明書の交付を受けている方、税金の滞納のある方はご利用になれません。

届け出が必要な人

70歳未満の人

70歳以上で次に該当する人

市民税非課税世帯

医療費が3割負担で、課税所得690万円未満の人(現役並Iまたは現役並IIに該当する人)

届けるところ

国民健康保険課 総務係

届ける人

本人、国保上の世帯主または代理人

届け出に必要なもの

保険証・国保上の世帯主の印鑑 代理人が申請する場合には、代理人の本人確認書類

国民健康保険限度額適用認定申請書 (PDFファイル)

郵送での申請もできます

限度額適用(標準負担額減額)認定申請書に必要事項を記載の上、返信用封筒に84円切手を貼って、ご自分の住所を記入して同封してください。

申請先

〒882-8686
延岡市役所 国民健康保険課 総務係 宛(住所は必要ありません)



担当課 市民環境部 国民健康保険課
住所 本庁舎1階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-22-7013(総務係)
FAX 0982-33-5839
メールアドレス kokuho@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > くらしの情報 > 国民健康保険 > 高額療養費制度による限度額適用認定証