ホームへ > 広報のべおか > 特集 > 中心市街地活性化「JR延岡駅周辺はこう変わります」

中心市街地活性化「JR延岡駅周辺はこう変わります」

駅周辺配置図

今後の取り組み

延岡駅周辺整備を進めていくため、JR九州や宮崎交通などの関係機関と協議を行っていきます。

同時に交通事業者や市民代表などで組織する「駅まち会議」の中で議論しながら、事業を進めていきます。

駅舎などのハード面に加えて、完成後にさまざまな市民活動の場としてにぎわいが再生されることが重要です。

そのため、市民活動が駅周辺以外のまちなかへも波及し、中心市街地が活性化することを目指しています。

今後は、これまでの市民ワークショップを発展させ、まちづくりの担い手や、組織づくりを行うために、ソフト事業を継続させ、市民団体と話し合いを行ったり、実際に駅前やまちなかの空き店舗や商店街の通りを活用した市民活動の社会実験を行っていきます。

延岡駅周辺

□公的施設を充実

(観光物産施設、宮崎交通営業所、総合待合所、市民活動スペース、多目的機能を持つ通路、公衆トイレ、倉庫など)

  • 駅利用者と市民活動が混在した、一体的なにぎわい施設として整備します。
  • 電車・バスの総合待合所を整備し交通結節点の利便性・快適性の向上を図ります。
  • ガラスのパーテーション(しきり)を用いて、駅施設内で行われるそれぞれの市民活動が独立しながらも、お互いの
    活動が見えるようにします。
  • 自然エネルギーの有効活用など、環境に配慮します。
  • 安心安全を支える施設を目指します。
  • 年齢や障がいの有無にかかわらず、誰もが安心して使えるデザイン(=ユニバーサルデザイン)にします。

□便利になるJR延岡駅舎・エレベータも設置

  • 駅の1 番ホームと2・3 番ホームを結ぶ跨線橋(陸橋)にエレベーターを設置します。
  • 現在の駅舎を活用し、改修する整備とします。

□西口広場・東口広場・駐車場・駐輪場を使いやすく

  • 西口広場 イベントや憩いの空間として市民交流広場の拡張を図り、市内バスや高速バスの乗り入れを改善し、冬季の西風対策として広場内に植栽をします。
  • 東口広場 交通広場として再整備し、送迎用ロータリーや観光バスの停車場を設置します。
  • 駐車場 まちなかの回遊性を向上させるため、駐車場の拡張を行います。
  • 駐輪場 必要な台数を確保します。

□東西自由通路の整備で行き来が便利に

  • 東西のまちをつなぎ、東西の交流を図ります。
  • 東口広場のアクセス改善と併せて駅利用者の利便性の向上を図るとともに、眺望にも配慮します。
  • 屋根・照明の設置・通路幅の拡幅・エレベーターなどを設置し、快適に利用できるようにします。

 

中心市街地活性化 ~駅からはじまるまちづくり~



担当課 商工観光部 商業・駅まち振興課
住所 本庁舎3階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-34-7841
0982-22-7350
FAX 0982-22-7080
メールアドレス chukatu@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > 広報のべおか > 特集 > 中心市街地活性化「JR延岡駅周辺はこう変わります」