ホームへ > 延岡市の環境 > 生活環境 > 野外焼却

野外焼却


廃棄物の焼却は禁止されています。

野外焼却

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(以下、「廃棄物処理法」という。)」第16条の2に基づき、一部の例外を除き廃棄物の焼却は禁止されています。

野外での廃棄物の焼却は、家の中まで煙が入ったり洗濯物に臭いがついたりするだけでなく、場合によってはダイオキシン等の人体に有害な物質が発生するため、ごみの焼却処分に関する苦情は後を絶ちません。

安易な考えによる野外焼却行為が、周辺にお住まいの方々の生活環境や健康に被害を与える可能性もあります。

皆様が快適に毎日を過ごせるよう、ごみは燃やして処分することはせず、決められた日にごみとして出してください。

 

罰則

法律に違反して焼却した場合、5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金、または、両方が適用される場合があります。

法律で認められている焼却行為

廃棄物処理法では、法律の基準をクリアした焼却炉(クリーンセンターなど)を用いないで、家庭から出るごみを燃やして処分することは法律違反となります。

一部例外として、以下のように認められている行為もあります。

ただし、苦情につながるような周辺の生活環境に影響を与える焼却行為については、速やかな消火等の行政指導の対象となる場合もあります。

●神事や地域の伝統行事でおこなわれるもの
~ かがり火やしめ縄の焼却など

●農林漁業を営む上でやむを得ずおこなわれる軽微なもの
~ 病害虫駆除の目的でおこなわれるあぜ焼きなど

●日常生活を営むためにおこなわれる軽微なもの
~ 風呂炊き、炊飯、焚き火(生ごみやプラスチック及び、薬剤や塗料を含む木材は不可)を燃やすことなど

※野外焼却(野焼き)でお困りの方は以下の内容を生活環境課及び、北方市民サービス課、北浦市民サービス課、北川市民サービス課までお知らせください。

★通報者の氏名・住所・電話番号(確認のため)

★野焼きの発生場所(具体的な場所)

★焼却している廃棄物の種類

★被害状況(洗濯物に臭いがうつる、体調が悪くなった等)
(例外規定に該当する場合や現在は焼いていないという場合などは指導が非常に難しい場合もあります。)

野外焼却禁止のパンフレット (PDFファイル)



担当課 市民環境部 生活環境課
住所 本庁舎3階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-22-7001
FAX 0982-31-5515
メールアドレス s-kankyo@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > 延岡市の環境 > 生活環境 > 野外焼却