ホームへ > くらしの情報 > 健康づくり > 簡単ストレッチ
ホームへ > 広報のべおか > 特集 > 簡単ストレッチ

簡単ストレッチ

掲載日: 2015年3月23日

健康長寿のまちづくり

仕事の合間やテレビを見ながら簡単ストレッチ

いずれも、ゆっくりと息を止めずにやってみましょう。運動の最中に痛みが出たら、そのままの姿勢で止めた後、もう少しだけ動かして、 少しづつ動く範囲を大きくすることも心がけましょう。

 

1
  • 両手を組んでまっすぐ伸ばします。
    (ひじはしっかり伸ばしましょう)
  • 垂直に挙げた状態から左右に体ごと倒します。
  • 組んだ腕を伸ばしたまま、胸の前に もってきて、そのまま体ごと左右に回します。
2
  • 組んだ手を上へあげた状態から、頭の後ろに回し、写真のようにひじを開きます。胸をしっかり張る方が効果的です。
  • 組んだ手の平を頭の方へ、頭は組んだ手の平にお互い押し合います。
3
  • 片足を組んで、手で固定して体ごと後ろを振り向きます。体や首もしっかり回します。
  • 組んだ下の足と上の足に、お互い反発するように力を入れ合います。
  • 組んだ足を手で押さえ、反発するように、お互い力を入れ合います。
4
  • 足をしっかり抱き寄せます。
  • 抱き寄せて、鼻をひざに付けるように、体を丸めます。
5
  • 足を交互に前方へ伸ばします。
    (体は後ろへ反らさないように)
  • 写真の状態から、足首を自分の方へ曲げたり、反らしたりします。
    ※そのまま伸ばした足を外側に開くと転倒時の骨折予防になります。
6
  • 両手を写真のように上げ、体をひねりながら、反対側のひじを付けます。
    (足は垂直に上げて、体をひねるようにしましょう)
    ※手を下げたり、足からひじに近づくことがないようにします。

 

※いすに座ったままできます。仕事で疲れた時なども効果的です。



[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > くらしの情報 > 健康づくり > 簡単ストレッチ
ホームへ > 広報のべおか > 特集 > 簡単ストレッチ