ホームへ > 広報のべおか > 特集 > 観光・絆 ~島浦島~

観光・絆 ~島浦島~

掲載日:2011年10月4日

島浦島観光マップ
島浦島観光マップ

 

島の近くの海中ではオオスリバチサンゴの群生が見られる。
島の近くの海中ではオオスリバチサンゴの群生が見られる。
規模は日本最大級。
島で一番高い遠見山(標高185.5m)。晴れた日には頂上から遠 く四国まで見渡せる。
島で一番高い遠見山(標高185.5m)。
晴れた日には頂上から遠 く四国まで見渡せる。
ブルーツーリズムなど、魚釣りや干物づくりなどの体 験型観光が好評。今年は「えんぱく」にも島野浦コースが登場する。
ブルーツーリズムなど魚釣りや干物づくりなどの体験型観光が好評。
今年は「えんぱく」にも島野浦コースが登場する。
手前(右)は「たたっこ」と呼ばれる島の伝統料理。アジやエソ、イカなど、その日採れた魚を味噌やゴマなどと一緒に細かくたたく。手前左は鯛茶漬け
手前(右)は「たたっこ」と呼ばれる島の伝統料理。
アジやエソ、イカなど、その日採れた魚を味噌やゴマなどと
一緒に細かくたたく。
手前左は鯛茶漬け

「島の宝100景」に


島では最近、観光にも力を入れ始めました。

島を含む南北浦海岸は日豊海岸国定公園に指定されており、海水の透明度も高く、ダイビングやシュノーケリングの体験が多く行われています。ひと度海に潜ると、日本最大級のオオスリバチサンゴや熱帯魚などを見ることが出来ます。  

 

また、平成21年4月、「次世代に引き継いでいきたい、活かしていきたい景観」から、利尻島や佐渡島、八丈島などとともに、国の「島の宝100景」にも選ばれました。

島の東側の海岸線は断崖絶壁が多く、波で侵食された巨大な岩のアーチなどをくぐるクルージングや伝馬船(てんません)での観光も行われています。 

 

小学生を対象にした魚釣り体験などにも人気が集まり、市外からの観光客も増えています。

島で一番高い遠見山( 標高185・5メートル)通称「とんばやま」付近には西国33カ所霊場にちなみ、山の尾根づたいに石造りの観音像が33体並んいます。巡りやすいようにと、参道の草刈りなどを地域ボランティアの皆さんが定期的に行っています。

 

一度は口にしたい伝統料理島では魚を中心にしたいわゆる「漁師めし」といったものが数多く
存在します。水揚げされたエソやアジなどをすり身にして揚げた「あげみ」やタイの切り身をしょうゆや日本酒、砂糖を混ぜた中に漬け込み熱々のご飯に乗せて食べる「鯛茶漬け」、アジなどその日捕れの魚でつくる「たたっこ」は昔ながらの伝統料理です。

島特産のアカモク(海藻の一種)をまぜて作るアカモクあげみは延岡駅観光ステーションやふるさと市場でも購入できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

島野浦神社秋季大祭
島野浦神社秋季大祭

伝統のまつり「島野浦神社秋季大祭」

島野浦神社秋の大祭。祭りの前夜祭として「よどん晩」が行われ、幻想的な「かがり火」に照らされた漁船などがお目見えする。島外に行っている人も祭りに合わせて帰ってくるほどで、島一番のイベントと言っても過言ではない。

今年は11月12日(土曜)・13日(日曜)に開催予定。

 

 

 

 

 

離島という条件においては時折、不便を強いられながらも、島の人たちはつながりを持ち、絆を深め、生活しています。

最近では島の青年の結婚相手のほとんどは島外の女性になり、新たなつながりも生まれています。

結婚して沖縄県那覇市から来た中野妙子さんは「結婚するにあたって、島に来ることを悩みましたが、今では同年代の人とママさんバレーや食事会などで交流しています。」と、島での新しい生活を楽しんでいます。

 

絆
「島へようこそ!」島野浦島の皆さん

 

問合せ

観光に関すること
島野浦区 TEL.43-1050

 

島の暮らし ~島浦島~



担当課 企画部 経営政策課(広報広聴係)
住所 本庁舎6階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-22-7042
FAX 0982-22-7090
メールアドレス publicity@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > 広報のべおか > 特集 > 観光・絆 ~島浦島~