ホームへ > くらしの情報 > 税金 > 家屋を取り壊したときはご連絡ください
ホームへ > くらしの情報 > 各種手続き > 家屋を取り壊したときはご連絡ください

家屋を取り壊したときはご連絡ください

掲載日:2010年11月29日

滅失登記

取り壊された家屋が登記家屋である場合には、法務局に建物滅失登記の申請を行ってください。法務局から当市へ取り壊しの旨の通知がされます。

滅失登記申請をされない家屋の取り壊し(未登記家屋など)

取り壊された家屋が未登記家屋(登記されていない家屋)の場合、または、登記家屋であっても、何らかの理由で建物滅失登記をされない場合は、資産税課か各総合支所の市民サービス課までご連絡ください。

職員が現地確認を行い、取り壊した年の翌年度から当該家屋にかかる固定資産税は課税されなくなります。

取り壊した日が年内でも、ご連絡日が翌年(1月1日以降)となりますと、解体証明書(またはそれを証明できるもの)が必要となります。

     家屋解体証明書 (PDFファイル)

    家屋解体証明書 (Excelファイル)

 

関連ページ

固定資産に関する申請(資産税課)



担当課 総務部 資産税課
住所 本庁舎2階(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-22-7043
FAX 0982-22-9477
メールアドレス shisanzei@city.nobeoka.miyazaki.jp
[ ▲ ページの先頭へ ]
ホームへ > くらしの情報 > 税金 > 家屋を取り壊したときはご連絡ください
ホームへ > くらしの情報 > 各種手続き > 家屋を取り壊したときはご連絡ください