トップページへ > 学びの情報「文化活動」 > 若山牧水青春短歌大賞

若山牧水青春短歌大賞(第11回)

若山牧水は、明治29年(1896年)11歳の頃に延岡高等小学校に入学し、旧制延岡中学校(現宮崎県立延岡高等学校)を卒業する明治37年(1904年)までの多感な青春時代を延岡で過ごし、この間に歌を詠むようになりました。

このことを記念し、延岡市では「若山牧水 青春短歌大賞」を創設し、広く全国から短歌の募集をはじめて11年目を迎えました。

今回の特徴

11回目の今回は、応募締め切りの昨年9月末までに、小学1年生から98歳までと幅広い世代から、合計で20,491首の短歌が寄せられました。

また地域的にも、全都道府県からとさらに海外(イングランド)からも3首応募がありました。

第1回(12年度)からの応募短歌数の累計が169,617首となりました。

(第1回~10回《累計》149,126首)

去る1月15日に、俳人坪内稔典先生、歌人永田和宏先生、歌人永田 紅先生の三審査員による最終審査が行われた結果、別紙のとおり「青春短歌大賞」3首、「優秀賞」11首、「審査員特別賞 早稲田大学賞」3首、「審査員特別賞 九州保健福祉大学賞」3首、「審査員特別賞 延岡高校同窓会賞」3首、「佳作」253首の計276首が決定しました。

なお、

  • 表彰式は、3月12日(土)午後5時から、延岡市内のホテルメリージュ延岡で、審査員の坪内稔典先生、永田和宏先生、永田 紅先生、ご出席のもと「青春短歌大賞」「優秀賞」等の受賞者を招待し行います。

審査員コメント

  • 坪内 稔典さん(俳人)
    今までの中心的な選者、河野裕子に替わって、お嬢さんの永田紅が新選者をつとめたが、今回の選考でも生き生きとして楽しい歌が選ばれた。特に、中学生、高校生の歌が溌刺としている。河野裕子も目を細めて満足の笑みをこぼしているのではないだろうか。
  • 永田 和宏さん(歌人)
    本賞の設立から関わってきた選者河野裕子が亡くなったのは何としても残念なことだが、第10回という節目を越えて、若山牧水青春短歌大賞は全国的にももっともよく知られた賞の一つとして定着してきた。
  • 永田 紅さん(歌人)
    今回、母のあとを引き継いで、初めて審査員を務めさせていただきました。小学生から一般部門まで、いきいきとした幅広い作品にふれることができました。応募数が二万首を越えたというのも素晴らしいことです。

入選作品

若山牧水青春短歌大賞(文集)

「第10回 若山牧水短歌大賞入選作品集」

教育委員会文化課でおもとめください。

定価 1,000円

牧水が過ごした下宿跡

新小路住宅街の一角に、牧水が旧制延岡中学校に通っていたころの下宿先が今も当時のまま残っています。牧水はこの家の2階に下宿し、延岡で多感な青春時代を過ごしました。

牧水が下宿した住居とそれを示す石碑

今までの若山牧水青春短歌大賞

このページに関するお問い合わせはこちら
担当課 文化課
住所 内藤記念館(882-0811 延岡市天神小路255番地1)
電話番号 0982-22-7047
FAX 0982-34-6438
メールアドレス bunka@city.nobeoka.miyazaki.jp
トップページへ > 学びの情報「文化活動」 > 若山牧水青春短歌大賞