トップページへ > くらし・環境「福祉」 > 延岡市地域福祉計画
トップページへ > 市政情報「計画・指針」 > 延岡市地域福祉計画

支え合いの礎 延岡市地域福祉計画

延岡市地域福祉計画

「延岡市地域福祉計画」は誰もが安心して健やかに暮らせるまちを地域住民と一体となって作り上げるための計画です。地域住民や福祉サービスを提供する団体、ボランティア団体、行政が協力し合い、“共に生き、支え合う地域社会”の実現を目指します。

このファイルはPDFファイルです。別ウィンドウで開きます。延岡市地域福祉計画(PDFファイル / 469KB)

住民参加でつくる新しい福祉の形

かつての私たちの暮らしを思い起こしてみると、町内活動をはじめとして、住民がお互いに支え合って暮らす温かい地域の姿がありました。しかし、経済的・物資的に豊かになった今、そういった地域の姿は失われつつあります。

このような時代だからこそ、これからの福祉がどうあるべきかをみんなで知恵を出し合って考えていく必要があります。福祉サービスを充実させるのはもちろんのこと、地域に暮らす人たちが支え合い、助け合っていくことで、もっと安心して健やかに暮らしていくことができるのです。

地域福祉計画とは

「延岡に住んで本当に良かった」と言えるようなまちにするには、これまで以上に行政が努力することが必要です。しかし、行政の努力以外にも、自治会などのさまざまな住民組織や社会福祉協議会などの関連する民間団体、ボランティア団体などの協力が必要です。また、地域住民一人ひとりの自発的・積極的な行動も重要になります。

この地域福祉計画は、これまでの「福祉のまちづくり」を一歩進め、「福祉でまちづくり」の発想のもとに、誰もが安心して暮らせるまちを地域住民と一体となって作り上げるためのものです。

計画づくりの取り組みについて

地域福祉懇談会の様子
地域福祉懇談会の様子

住民参加の考えを基本に計画づくりに取り組みました。地域福祉計画では、計画づくりそのものを「地域福祉啓発の場」、「地域福祉実践活動の第一歩」と位置づけ、地域住民の視点から課題を拾い上げ、その解決策や自分たち住民に何ができるかを話し合いました。地域福祉懇談会をしない18地区で49回にわたり開催し、のべ1,854人の参加者から1,186件の課題や意見をいただきました。

さらに保健福祉関係団体への聞き取り調査やパブリックコメント(意見公募)を行い、市民の皆さんの声を可能な限り計画に反映させるよう努めました。

計画の内容

誰もが安心して健やかに暮らせる地域社会の実現~市民一人ひとりが地域福祉の担い手に~を理念に掲げ、その達成に向け、「地域住民による支え合いの仕組みづくり」と「地域福祉の共通基礎づくり」の2つを目標に定めました。そして、下記の施策の方向性にもとづき、市民の皆さまの参画を得ながら地域福祉の推進に取り組んで生きます。

地域福祉計画で取り組み施策の方向性について

基本目標1

地域住民による支え合いの仕組みづくり

地域住民が地域の課題を自分の課題として受け止め、その解決を図り、助け合い、支え合って生活していくことが大切です。個人の尊厳を守りながら地域住民と地域の諸団体、行政が協働して、お互いが支え合う仕組みづくりを勧めます。

  • 住民主体による福祉コミュニティづくりの推進
    1. 地区別地域福祉活動計画策定への支援
    2. 小地域における地域福祉懇談会の実施
    3. 地域福祉団体の相互連携の支援
  • 地域で集い、憩い、学べる場づくり
    1. サロン(注1)の配置促進とメニューの充実
    2. インターネット上の情報拠点づくり
    3. 既存の福祉関連施設、学校施設などの有効活用
    (注1)地域の公民館や民家を利用して、会食やレクリエーション、絵本の読み聞かせや工作などを行い、一人暮らしの高齢者や育児に関する悩みなどを抱えている保護者、子どもたちの交流・情報交換を図る場。
  • ボランティア・NPO団体が活躍できる基盤の整備
    1. ボランティアセンターの機能強化
    2. ボランティア人材の発掘・育成、ボランティア団体への支援
  • 心のバリアをなくす福祉教育の推進
    1. ボランティアアドバイザーの質的向上の促進
    2. 地域での交流促進の支援、世代間交流の推進

 

基本目標2

地域福祉の共通基盤づくり

地域住民やボランティアなどの参加による活動と公的なサービスが効果的に連携していくことが不可欠です。行政は地域住民の視点で施策を点検し、地域福祉の共通基盤づくりに取り組みます。

  • 誰もが適切に情報を入手できる体制の整備
    1. 地域福祉活動に関する情報の共有化
    2. 情報の一元化の推進と社会資源の有効活用
    3. 事業者の情報公開の推進
  • 総合的な相談・支援体制の確立
    1. 保健福祉の総合相談窓口の開設
    2. 専門相談職員の資質向上の促進
    3. 情報・相談ネットワークの充実
    4. 地域での見守り活動の推進
  • ケアマネジメントシステム(注2)の充実
    1. 総合的なケアマネジメントシステムの構築
    (注2)保健・医療・福祉分野の専門家や機関が連携し、総合的なサービスを提供すること。
  • 福祉サービス利用者の権利擁護の推進
    1. 苦情対応システムの整備
    2. 第三者評価事業の推進
    3. 地域福祉権利擁護事業の普及、成年後見制度の利用促進
このページに関するお問い合わせはこちら
担当課 高齢福祉課
住所 旧教育委員会(882-8686 延岡市東本小路2番地1)
電話番号 0982-22-7016
FAX 0982-26-8227
メールアドレス koreisha@city.nobeoka.miyazaki.jp
トップページへ > くらし・環境「福祉」 > 延岡市地域福祉計画
トップページへ > 市政情報「計画・指針」 > 延岡市地域福祉計画