市長コラム

記事一覧

エンジン01オープンカレッジを終えて

ふと気がつけば、ずいぶん長いこと、このコラムを書いていませんでした。
前回の記事でご紹介した「内藤家をご縁とする都市交流会議」は、いわき市長、豊田市長、鎌倉市長さんとともに11月11日にすでに開催しましたし、昨日までの3日間は「エンジン01文化戦略会議 オープンカレッジinのべおか」で大いに盛り上がったところです。
「たべる のべる のべおか」という大会テーマのもと、参加者がみんな大いに食べ、語り、楽しんだのはもちろんですが、高速道路時代を迎えた延岡市の今後の発展に向けていわばのろしを上げるようなイベントになりました。この3日間はそれ自体が素晴らしい充実の日々であり、また今後の展開につながる数多くのアイデアや人の縁を結ぶことのできた日々でもありました。
交通費や宿泊費その他で、こちらとしては相当の予算規模のイベントではあったのですが、大会委員長の山本益博さんや副委員長の林真理子さんはじめ、三枝成彰さん、秋元康さん、勝間和代さん、辰巳琢郎さん、堀江貴文さん、田原総一郎さん、それに・・・・、とても書ききれない豪華な約120名の講師陣は全員ボランティア、つまりノーギャラで来てくださいました。
もしこれがボランティアイベントでなければ数億円の開催費用になったことでしょう。
と言うより、お金を用意すれば開催できるイベントではないのです。それ以前に、「エンジン01」の理念のもとにみなさんが結集しているからこそ、これだけのメンバーが一堂に会することができたのだと思います。
それに加えて、準備作業や当日の対応など、大変多くの市民、市職員らがまさに不眠不休で頑張ったことは大きな自信につながります。一夜が明けて、今日の市役所職員のみんなの、ちょっと疲労の色がありながらも輝く顔を見て、大きな宝が生まれたと実感しました。