ホームへ > 防災・災害 > 防災のススメ「台風の知識」

防災のススメ

台風の知識

台風とは

五ヶ瀬川、祝子川、北川などは、台風による降雨で大規模な洪水が発生しています。

台風の眼のまわりには非常に発達した積乱雲が壁のように取り巻き、そこでは猛烈な暴風雨となっています。

この積乱雲の壁のすぐ外側にはやや幅の広い"内側降雨帯"があり、この領域でも激しい雨が連続的に降ります。

この内側降雨帯の外側の、台風の中心から200~600km付近には帯状の“外側降雨帯”があります。

この領域では断続的に激しいにわか雨や雷雨、時には竜巻の発生があり、台風の中心の移動とともに降雨帯の通過する場所では大雨になります。

また、南東斜面では地形の影響で、台風に向かって南から暖かく湿った空気が強制上昇させられ、雨雲を更に発達させ激しい雨となることがあります。

(出典:森北出版 お天気の様子 小倉 義光著)

大型で非常に強い台風の例で、太線の青い円内がこの台風の強風域(平均で15m/s以上の強い風が吹いている領域)です。

2つの赤い同心円は台風の大きさの基準で、強風域が内側の円より大きい台風を「大型」、さらに外側の円より大きい台風を「超大型」と呼びます。

台風の大きさの階級

階級 最大風速15m/s以上の半径
台風 500km未満
大型の(大きい)台風 500km以上~800km未満
超大型の(非常に大きい)台風 800km以上

台風の強さの階級

階級 中心付近の最大風速
台風 17.2m/s以上~33m/s未満
強い台風 33m/s以上~44m/s未満
非常に強い台風 44m/s以上~54m/s未満
猛烈な台風 54m/s以上
ホームへ > 防災・災害 > 防災のススメ「台風の知識」