ホームへ > 防災・災害 > 防災のススメ「災害時の情報伝達」

防災のススメ

災害時の情報伝達の内容

災害時の情報伝達の方法

避難が必要と認められる状況になれば、市長ないしその命令を受けた職員、消防職員等から避難勧告・避難指示が出されます。必要と認められる状況の判断は、その時に応じて災害対策本部(危険が迫っている場合は現場の警察官等)が行い、下記のような広報文で伝達、周知されます。

避難準備情報広報文例
○○時○○分○○○○地区に、避難準備情報が出されました。
避難に時間がかかる方は、近くの指定緊急避難場所に避難を始めてください。
その他の方は、避難の準備をしてください。

避難勧告広報文例
○○時○○分○○○○地区に、避難勧告が出されました。
住民の方は、直ちに近くの指定緊急避難場所に避難してください。

避難指示広報文例
○○時○○分○○○○地区に、避難指示が出されました。
まだ避難していない方は、直ちに近くの指定緊急避難場所に避難してください。

避難準備情報・避難勧告・避難指示解除文例
○○時○○分○○○○地区の避難(準備情報・勧告・指示)は、解除されました。

自主的に避難する場合は、事前に必ず、危機管理室(電話:0982-22-7077)まで連絡してください。

※ペットは衛生上、指定緊急避難場所に持ち込むことができませんので、ご了承ください。

避難準備情報とは 災害の発生するおそれが高まり、避難に時間のかかる方が避難を始めなければならないときに発令する情報です。
  • 避難に時間がかかる方は指定緊急避難場所への避難を始める。
  • 通常の避難行動ができる方は、避難の準備を始める。
避難勧告とは 災害の発生するおそれが明らかに高まった時に発令する情報です。
  • 通常の避難行動ができる方は、指定緊急避難場所への避難を始める。
避難指示とは 災害の発生する危険性が非常に高い時に発令する情報です。
避難勧告よりも拘束力が高く、安全確保のため立ち退かせるものです。
  • 避難行動中のときは直ちに避難を完了する。
  • まだ避難していない時は直ちに避難を始める。

防災のススメ「災害情報をメールで配信」(詳細情報)
ホームへ > 防災・災害 > 防災のススメ「災害時の情報伝達」